ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境保護の取り組み自然と共生している未来へ

【事例紹介】生態系の保全

生態系に配慮した事業活動

NTTグループが生態系に与える影響をできるだけ小さくするために、通信設備の設置方法を工夫するなどの配慮に努めるほか、提供するサービス・製品を活用した保全活動への貢献に取り組んでいます。

データセンターをはじめとした建物設置時の環境アセスメント

NTTグループは、データセンターなどの建物を新たに建設する際には、グループ独自の「建物グリーン設計ガイドライン」に基づき、建物の敷地およびその周辺地域の歴史的、社会的、地理的、生物的な環境特性の把握に努め、必要に応じて設計に反映しています。

例えば、近年情報通信インフラの中核となりつつあるデータセンターでは、地域固有の植生を生かした緑化に取り組んでいます。さらに、お客さまに新規データセンターの構築を提案する際は、「建築環境総合性能評価システム(CASBEE)」で最高評価となるSランクの取得をめざした提案に努めています。

このような環境への配慮と同時に、施工時には低騒音・低振動、地域美化などに配慮し、運用時には空調屋外機や非常用発電機に近隣への排熱や騒音の影響を抑制するための工夫も施しています。

※ 建築環境総合性能評価システム。環境配慮性や室内の快適性、景観への配慮など、建物の品質を総合的に評価する仕組み

建物グリーン設計ガイドラインはこちら当該ページを別ウィンドウで開きます

生態系保全に向けた貢献活動

ICTサービスを提供する企業として、その情報発信能力を生かした貢献活動にも取り組んでいます。例えば、使うことで環境保護に貢献できるポータルサイト「緑のgoo」のように、広く社会に生態系の重要性を啓発する情報発信や交流の支援に努めています。

このほか、NTTグループ社員の力を結集して、植樹や里山保全などのさまざまな取り組みを全国各地で実施しています。

緑のgoo

緑のgooでは、自然環境を学ぶコンテンツや、自然と共生するライフスタイルの情報をお届けしています。日々の暮らしから、生態系や自然環境への興味・関心を高める情報発信や交流の支援を行っています。

また、お客さまに利用していただくことによって得られた収益の一部を環境保護活動に取り組む団体に寄付しており、インターネットという身近な手段を通じて、多くのみなさまにご参加いただき、地球の緑を増やしていくことに取り組んでいます。

緑のgooは10年間で5,400万円を46団体へ寄付しました。

2017年度は日本の自然環境の保護を行う日本自然保護協会に寄付を予定しています。

自然・環境団体への寄付

緑のgooはこちら当該ページを別ウィンドウで開きます

フッタエリアはここからです。