ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

環境保護の取り組み資源が循環している未来へ

資源が循環している未来へ

大量生産、大量消費、大量廃棄という「一方通行型社会」は、私たちに豊かで便利な生活をもたらしましたが、一方、膨大なごみを排出し、不法投棄や天然資源の枯渇の懸念など、さまざまな問題も生じました。その解決を図るためには、企業の事業運営や社会経済の在り方を見直し、循環型社会への転換を図ることが必要です。

NTTグループは、事業活動で消費するあらゆる資源について、使用量の削減(Reduce)、再使用(Reuse)、再資源化(Recycle)の「3R」を推進し、資源が循環している未来の実現をめざします。

【事例紹介】資源の3Rの取り組み

あらゆる資源の3R(Reduce、Reuse、Recycle)の取り組み事例を紹介しています。

フッタエリアはここからです。