ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

HEVCエンコーダーLSI「NARA」

需要の高まる超高精細映像を圧縮、伝送することを可能としたLSI(集積回路)です。
高い画像品質を保ちながらリアルタイムに圧縮符号化することが可能で、
放送・配信サービスが増えてきている4K映像だけでなく、複数チップを連携作動させることにより、
より高精細な8K映像のリアルタイム符号化にも対応いたしました。

HEVCエンコーダーLSI「NARA」の概念図 HEVCエンコーダーLSI「NARA」の概念図

より効率的な符号化技術を可能にするアルゴリズムとハードウェアを独自に開発したことで、従来の技術では困難だった最新の映像符号化規格(HEVC)を用いて高画質を保ちながらリアルタイムで圧縮・伝送を行うことができるようになりました。複数チップの連携によって8K映像にも対応します。

要素技術

高効率HEVC符号化
処理アルゴリズム

毎秒60フレームの4K映像を1チップで高品質に符号化処理

マルチチップ連携機能

より高精細な8K映像リアルタイム符号化にも対応可能

利用シーン・サービス事例

パブリックビューイング会場での高臨場映像配信

パブリックビューイング会場での
高臨場映像配信

4K/8Kなど高精細な映像配信が可能となり、スポーツ試合やコンサート映像などのパブリックビューイング会場への高臨場感のあるライブ配信などが実現できます。

遠隔医療現場での鮮明画像の配信

遠隔医療現場での鮮明画像の配信

4K/8Kなど高精細な映像配信の利用によって、より正確な情報に基づいた遠隔医療や遠隔診断のサービスを支援します。

関連プロダクト