ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

画像認識による設備保守支援技術

高度な技術や経験が必要とされるインフラ設備の保守・点検を省力化する、空間状態推定技術です。
熟練者が目視で判断している設備点検作業や設備保守作業を支援できるよう、
3D点群解析および画像解析技術を用いてインフラ設備を自動で検出し、その劣化状況を
確認できるような技術の実現を目指しています。

画像認識による設備保守支援技術の概念図 画像認識による設備保守支援技術の概念図

3D点群解析技術により電柱、樹木、ケーブルなどの設備構造物を高精度に検出できます。 検出した点群の形状に3次元モデルを当てはめることで、電柱の長さや傾き、ケーブルの最低地上高さなどの情報を抽出することが可能となりました。さらに、MMSで撮影された画像を解析することにより、路面マンホール鉄蓋の表面状態を検査するなど、保守・点検作業の省力化に貢献します。

要素技術

3D点群解析技術

機械学習により3D点群の中から物体を検出し、モデル当てはめにより物体の形状を推定する技術

マンホール鉄蓋摩耗推定技術

撮影画像を解析し、模様凹凸の高さを推定、摩耗状態を検出する技術

利用シーン・サービス事例

所外設備の検出・3Dデータベース作成支援

所外設備の検出・3Dデータベース作成支援

レーザセンサなどを用いて3次元空間上の点の集合体として取得したデータを使い、実世界をデータベース化します。所外設備を自動で検出・3Dモデル化し、データベース作成を支援します。電柱や電線、樹木がどこにあるかを認識するだけでなく、電柱の傾きや長さ、電線等のたわみまで推定できデータベースを更新していくことで設備の経年変化を可視化することに活用できます。

マンホール鉄蓋摩耗推定の点検支援

マンホール鉄蓋摩耗推定の点検支援

車載カメラの画像から画像認識によってマンホール鉄蓋周辺の表面状態を推定し、劣化を検知することができます。解像度の高いカメラによって微細な凹凸形状を捉えることで、マンホール鉄蓋の段差や摩耗をミリ単位で推定することができます。

関連ニュース

*1セブン&アイ・ホールディングス共同実験
http://www.ntt.co.jp/news2016/1611/161111a.html

*2東京メトロ共同実験
http://www.ntt.co.jp/news2017/1701/170131a.html

*3SXSW2017 出展
http://www.ntt.co.jp/news2017/1703/170307b.html

*4羽田空港 公開実証実験
http://www.ntt.co.jp/news2017/1708/170808a.html

*5展示会支援アプリ
http://www.ntt.co.jp/news2018/1802/180219d.html

関連プロダクト

フッタエリアはここからです。