ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

所長挨拶

NTT未来ねっと研究所 所長 川村 龍太郎 今「ねっと」は第三の価値を拓く時代への入り口にあります。情報通信の最初の価値は「繋がる」ことでした。電話技術は100年以上の革新によって地球上の人が何時でも何処でもコミュニケーションを行うことを可能にしました。それは私たちの夢であった位置・場所の違いを克服することでもありました。 第二の価値は「知る」ことです。インターネットとWebの普及、更にはその後の検索やAI技術は私たちに知識や情報をこれまでとは大きく異なるレベルで獲得する手段を提供し、その発展は今後も継続するでしょう。
 そして今新しく拓かれようとしている第三の価値は「動かす」ことです。これまで私たちはスマートフォンやパソコンなどで得た情報を元に、例えば電車の乗り換えのように、私たち人間自身が考え・判断して行動に反映してきました。しかし、センサなどネットワークに様々な情報を供給するモノに加えて、自動車、鉄道、ロボット、工場などのリアルに動作するモノが同時に繋がることで、人間の判断を介さずに社会を直接的に駆動する時代が始まろうとしています。それらは私たちの生活利便性や産業生産性を益々向上するだけではなく、エネルギーや交通事故、災害、食糧問題などの私たちを取り巻く多くの社会問題の解決へ大きな力になることが
期待されています。
 私たち未来ねっと研究所は、このような新たな「ねっと」の価値を先進の通信技術と
情報処理技術によって切り拓くべく、グローバルなコラボレーションとリーダーシップ
によって革新を起こしていきます。

サブコンテンツエリアはここからです。
  • 未来ねっと研究所
  • トップページ
  • 所長挨拶
  • 研究所紹介
  • 沿革
  • 研究活動
  • 組織紹介
  • アクセス
  • リンク
  • 採用情報(NTT)

未来ねっと研究所に関するお問い合わせはこちら

フッタエリアはここからです。