ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

組織紹介

ワイヤレスシステムイノベーション研究部

 携帯電話やスマートフォンなどの無線利用に加え、 IoT(Internet of Things)の進展で社会のさまざまな分野で無線利用が広がる将来では、100億を超える端末の利用が予想され、要求性能の質・量ともに拡大する中、周波数帯をフル活用した多様な無線方式(マルチRAT:Multi Radio Access Technology)を使いこなしていく必要があり、有線・無線を融合したネットワークの研究開発に取り組んでいます。

ワイヤレスシステムイノベーション研究部

IoT向け無線アクセス

 IoT向け無線アクセスとして広域・低速で通信可能なLPWA※の利用期待が高まっています。LPWAを制御用途にも活用すべく、LPWAのコネクティビティの信頼性を高め、人と違い動かないIoT端末の圏外状態をなくす電波到達性向上技術に取り組んでいます。また、画像分析技術の発展とともに高まる高精細映像をIoTとして活用すべく、大容量のデータを瞬時に伝送するミリ波伝搬制御技術に取り組んでいます。 ※LPWA: Low Power Wide Area

IoT向け無線アクセス

B5G(Beyond 5G)向け無線アクセス

 第5世代移動通信システム(5G)の導入・展開が進展する2020年以降の通信ネットワークは、あらゆる人とモノが無線でつながり「生活と産業を支える社会基盤」となっていきます。それを支える無線アクセスには、さらなる大容量化に加え、信頼性向上など新たな技術的発展が期待されています。セルラやWi-Fi等通信事業者の拠点はもとより、それ以外の新たな拠点や既存の無線アクセスを活用し、お客様の要望に応じてデバイスから無線・有線ネットワークを経由してクラウドサーバまでエンドーツーエンドでのサービス提供を具現化する無線ネットワーク技術の研究開発を進めています。

B5G向け無線アクセス

テラビット級無線(OAM)伝送技術

 無線通信の容量を飛躍的に拡大する方法の一つとして、軌道角運動量(OAM: Orbital Angular Momentum)を活用する OAM 多重伝送技術の研究開発を行っています。軌道角運動量は、回転するモノの回転度合を表します。電波に軌道角運動量を持たせるという最初の研究は20世紀初頭に遡りますが、無線通信技術の進展により、ミリ波のような高周波数帯の電波の活用が進み、この特徴を用いた多重伝送の実現性が高まってきています。最終的にはテラビット級無線伝送の実現を目標に、実用化に向けて解決が必要な技術課題にチャレンジしています。

テラビット級無線(OAM)伝送技術
フッタエリアはここからです。