ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

組織紹介

フォトニックトランスポートネットワーク研究部

 光通信の黎明期からフォトニックネットワーク技術の研究開発を進め、光増幅器や波長分割多重(WDM)伝送を代表とする数多くの革新技術によって、リンクシステムの大容量化、長距離化、経済化を推し進め、 NTTのネットワークサービスの根幹を支え続けています。これからもIoT等により予想される爆発的なトラフィック需要の増加に対応するため、以下のような研究課題に取り組み、グローバルトップの大容量光トランスポート技術を開拓し、新しい社会基盤を創出していきます。本研究部の研究成果は、日本国内だけでなく世界各国を結ぶネットワークにも活用されており、情報通信ネットワークインフラとして日々皆さまの生活を支えています。

フォトニックトランスポートネットワーク

超大容量デジタルコヒーレント光伝送技術

 光ファイバ1芯あたり100Tbps級の大容量光伝送システムの実現を目指して、大規模デジタル信号処理技術によって光の波としての性質(コヒーレンシ)を最大限に引き出し、伝送効率の飛躍的な向上を実現するデジタルコヒーレント光伝送技術の研究開発を行っています。また、このデジタルコヒーレント光伝送システムの実用化におけるキーデバイスとして、極めて高速なデジタル信号処理が可能で、かつ消費電力の少ない、1億ゲートを超えた大規模DSP(Digital Signal Processor)を開発しています。

超大容量デジタルコヒーレント光伝送技術

メンテナンスフリーネットワーク技術

 運用コストの削減と将来に不可避なメンテナンス要員の不足に対処するための光トランスポートネットワーク実現技術を検討しています。ネットワーク大容量化+シンプル・メンテフリー指向化によるメンテナンスコスト1/100を目指して、故障原因自動特定技術や予測型NW設計技術によるモバイル網を含めたネットワークメンテフリー運用支援技術など研究しています。

メンテナンスフリーネットワーク技術
フッタエリアはここからです。