ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

組織紹介

イノベイティブフォトニックネットワークセンタ

光ファイバ1本でペタビット容量を実現するスケーラブル光ネットワークの実現
 超高速デジタル信号処理や空間多重光通信など、新技術領域を取り込んだ次世代光通信システム技術を開拓し、将来的なクラウドサービス拡大やスマートフォン普及などにより増大する通信トラヒックを収容可能なペタビット級のスケーラブル光ネットワークの実現に必須の以下の4つの基盤技術の確立をめざします。具体的には、システム的な観点からキー部品・材料技術の観点を相互に連携することで、以下の4つの要素技術分野を中心に研究開発をすすめるとともに、本基盤技術を将来の光・無線融合ネットワーク等の新しい技術分野の開拓へ応用することを検討しています。


1)光通信用大規模デジタル信号処理技術

 光の波としての性質(コヒーレンシ)を最大限に引き出し、伝送効率の飛躍的な向上をはかるために、無線伝送分野でも用いられているMIMO(Multi InputMulti Output)を初めとする大規模デジタル信号処理技術を検討します。

2)極低雑音光増幅SN比向上基盤技術

 光パラメトリック効果を用いたコヒーレント増幅技術等のフォトニック前置信号処理技術を既存のエルビウム添加光ファイバ(EDFA)と相補的に適用することにより、従来の光増幅中継システムで発生する雑音や波形歪を低減しシステム性能を飛躍的に向上するシステム・部品技術を検討します。

3)空間多重光伝送方式基盤技術

 既存の単一モード光ファイバの伝送容量限界(非線形シャノンリミットによる周波数利用効率の飽和、ファイバフューズ現象等の光入力パワ制限)を克服し更なる大容量化を実現するための、システム・部品技術を検討します。

4)光電気融合集積技術

 将来のスケーラブルな大容量化光ネットワークを構成するシステムの抜本的な小型化・低電力化を実現するための光電気融合集積技術を検討します。

ファイバあたりの容量

■報道発表
1)毎秒1ペタビット、50kmの世界最大容量光伝送に成功 〜光ファイバ1本でハイビジョン映画 約5000本分を1秒で伝送可能に〜
http://www.ntt.co.jp/news2012/1209/120920a.html

2)光ファイバー伝送容量 新増幅器で4倍以上に(日経産業新聞2011.6.28)

■解説記事等
1)宮本 裕、他「大容量・長距離通信を実現する空間多重光伝送技術」電子情報通信学会誌 小特集 Vol.97 No.2 pp.113-118, 2014.

2)宮本 裕 「ペタビット容量を超える空間多重光通信技術」特集 OPTRONICS No.6, p.72-76, 2013.

■ポストデッドライン論文等
1) T. Mizuno, T. Kobayashi, H. Takara, A. Sano, H. Kawakami, T. Nakagawa, Y. Miyamoto, Y. Abe, T. Goh, M. Oguma, T. Sakamoto, Y. Sasaki, I. Ishida, K. Takenaga, S. Matsuo, K. Saitoh, and T. Morioka, “12-core 3-mode Dense Space Division Multiplexed Transmission over 40 km Employing Multi-carrier Signals with Parallel MIMO Equalization”, Proc. OFC2014, Th5B.2, 2014.

2) T. Kobayashi, H. Takara, A. Sano, T. Mizuno, H. Kawakami, Y. Miyamoto, K. Hiraga, Y. Abe, H. Ono, M. Wada, Y. Sasaki, I. Ishida, K. Takenaga, S. Matsuo, K. Saitoh, M. Yamada, H. Masuda, and T. Morioka, “2×344 Tb/s propagation-direction interleaved transmission over 1500-km MCF enhanced by multicarrier full electric-field digital back-propagation,” Proc. EOOC2013, PD3. E. 4, 2013.

3) M. Asobe, T. Umeki, H. Takenouchi, and Y. Miyamoto, “In-line phase-sensitive amplifier for QPSK signal using multiple QPM LiNbO3 waveguide,” Proc. OECC2013, PD-2-3, 2013.

4) T. Umeki, O. Tadanaga, M. Asobe, Y. Miyamoto, and H. Takenouchi, “First Demonstration of High-Order QAM Signal Amplification in PPLN-based Phase Sensitive Amplifier,” Proc. EOOC2013, PD1.C.5 2013.

5) H. Takara, A. Sano, T. Kobayashi, H. Kubota, H. Kawakami, A. Matsuura, Y. Miyamoto, Y. Abe, H. Ono, K. Shikama, Y. Goto, K. Tsujikawa, Y. Sasaki, I. Shiba, K. Takenaga, S. Matsuo, K. Saitoh, M. Koshiba, and T. Morioka, “1.01-Pb/s (12 SDM/22 WDM/ 456Gb/s) Crosstalk-managed Transmission with 91.4-b/s/Hz Aggregate Spectral Efficiency,” Proc. ECOC2012, Th.3.C.1, 2012.

6) A. Sano, T. Kobayashi, S. Yamanaka, A. Matsuura, H. Kawakami, Y. Miyamoto, K. Ishihara, and H. Masuda, “102.3 Tb/s (224 x 548-Gb/s) C- and Extended L-band All Raman Transmission over 240 km using PDM-64QAM Single Carrier FDM with Digital Pilot Tone,” Proc. OFC/NFOEC2012, PDP5C.3, 2012.

フッタエリアはここからです。