ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

組織紹介

イノベイティブフォトニックネットワークセンタ

光ファイバ1本でペタビット容量を実現するスケーラブル光ネットワークの実現
 超高速デジタル信号処理や空間多重光通信など、新しい技術領域を取り込んだ次世代の光通信システム技術を開拓し、将来的なクラウドサービス拡大やスマートフォン普及などにより増大する通信トラヒックを収容可能なペタビット級のスケーラブル光ネットワークの実現を目指しています。

イノベイティブフォトニックネットワークセンタ

空間多重光伝送方式基盤技術

  特に重点化している研究として、既存の単一モード光ファイバの伝送容量限界(非線形シャノンリミットによる周波数利用効率の飽和、ファイバフューズ現象等の光入力パワ制限)を克服して更なる大容量化、光ファイバ1芯あたり1P(ペタ)bpsを超え、その伝送距離を1000Km以上を実現するための、システム・部品技術を検討しています。

空間多重光伝送方式基盤技術

パラメトリック位相共役変換技術

  光パラメトリック効果(OPC)を用いたコヒーレント増幅技術等のフォトニック前置信号処理技術をエルビウム添加光ファイバ(EDFA)と相補的に適用することで、光増幅中継システムで発生する雑音や波形歪を低減し、システム性能の飛躍的な向上を目指します。

パラメトリック位相共役変換技術

光電気融合集積技術

 将来のスケーラブルな大容量化光ネットワークを構成するシステムの抜本的な小型化・低電力化を実現します。

フッタエリアはここからです。