ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT Network Innovation Laboratories NTT未来ねっと研究所

2010年以前の活動状況

2010年度以前の活動状況

論文・国際会議リスト (主要論文抜粋)

●ユビキタスサービスシステム研究部

【論文・国際会議】

Kaoru Nakazono, Mina Terauchi (Polytechnic Univ.), and Yuji Nagashima (Kogakuin University), "Temporal Feature of Sign Language through the Analysis of Shadowing," Proc. AAATE 2007, Oct. 2007.

佐藤進也,福田健介,菅原俊治,栗原聡, "文書ストリームにおける語のバーストと共起ネットワークにおけるクラスタ構造の関係について," 情報処理学会論文誌, vol.48, no.SIG14(TOD 35), pp.69-81, Sep. 2007.

Kazuhiro Kazama, and Miyuki Imada, "Estimating Information Flow Network among Digital Documents," Proc. 2nd International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN) 2007, pp.45-56, May 2007.

Sun Yong Kim, Miyuki Imada, and Masakatsu Ohta, "Detecting Anomalous Events in Ubiquitous Sensor Environments using Bayesian Networks and Nonparametric Regression," Proc. IEEE 21st International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA) 2007, pp.236-243, Niagara Falls, Canada, May 2007.

中園薫, 寺内美奈, 長嶋祐二, "映像遅延が手話対話へ及ぼす影響の定量化手法," 信学会論文誌, vol.J90-D, no.3, pp.628-638, Mar. 2007.

Hiroshi Saito, and Koichi Takasugi, "Recent Developments in Wide Area Ubiquitous Network Research," Proc. Second International Workshop on Ad Hoc, Sensor and P2P Networks (AHSP2007) co-located with ISADS 2007, Session 1: Keynote Speech, Topology Control, pp.503-507, Sedona. USA, Mar. 2007.

佐藤進也, "関係を読み解く手段としてのネットワークの構造解析," コンピュータソフトウェア, vol.24, no.1, pp.3-11, Jan. 2007.

風間一洋, 佐藤進也, 斉藤和巳(CS研), 山田武士(CS研), "人間関係の重なりを持つコミュニティ構造の抽出," コンピュータソフトウェア, vol.24, no.1, pp.81-90, Jan. 2007.

Tomohiro Inoue, and Motonori Nakamura, "Distributed personal storage system with flexible selection and replication mechanism," Proc. Third International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC) 2006, pp.1090-1101, Wuhan, China, Sep. 2006.

Kaoru Nakazono, Yuji Nagashima (Kogakuin Univ.), and Akira Ichikawa (Chiba Univ.), "Digital Encoding Applied to Sign Language Video," IEICE Transactions of Information and Systems, vol.E89-D, no.6, pp.1893-1900, June 2006.

Miyuki Imada, Masakatsu Ohta, and Masayasu Yamaguchi, "LooM: An Anonymity Quantification Method in Pervasive Computing Systems," Proc. IEEE 20st International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA) 2006, vol.2, pp.92-96, Vienna, Austria, Apr. 2006.

Hiroshi Saito, Masahiro Umehira, and Tadashi Ito, "Proposal of the Wide Area Ubiquitous Network," Proc. World Telecommunications Congress(WTC) 2006, Budapest Hungary, Apr. 2006.

佐藤進也, 福田健介(国立情報学研究所), 風間一洋, 村上健一郎(法政大学), "語の共有に基づく文書ネットワークの構造的な豊かさについて," 情報処理学会論文誌, vol.47, no.3, pp.829-839, Mar. 2006.

風間一洋, 佐藤進也, 斉藤和巳, 木村昌弘, "トラックバックネットワークに基づくSEOコミュニティの分析," 情報処理学会論文誌, vol.47, no.3, pp.840-849, Mar. 2006

斎藤洋, 梅比良正弘, 守倉正博, "広域ユビキタスネットワークインフラストラクチャに向けた考察," 信学会論文誌, vol.J88-B, no.11, pp.2128-2136, Nov. 2005.

荒川豊, 南裕也, 松尾真人, 山口正泰, 斎藤洋, "準候補キーインデキシングを用いたDHTベースP2P検索システム," 信学会論文誌, vol.J88-B, no.11, pp.2158-2170, Nov. 2005.

●メディアイノベーション研究部

【論文・国際会議】

井上武, 谷誠一郎, 高橋宏和, 湊真一, 宮崎敏明, 豊島鑑, "Flexcastによる段階的導入に優れたマルチキャストシステムの設計と実装," 電子情報通信学会論文誌D-I, vol.J88-D1, no.2, pp.272-291, Feb. 2005.

山口高弘, 藤井竜也, 野村充, 白井大介, 白川千洋, 藤井哲郎 "800万画素超高精細ディジタルシネマ配信・上映システム," 電子情報通信学会論文誌D-I, vol.J88-D-I, no.2, pp.361-370, Feb. 2005.

Takahiro Murooka, Masashi Hashimoto, and Toshiaki Miyazaki, "A high time-resolution traffic monitoring system," IEICE Transactions of Information and Systems, vol.E87-D, no.12, pp.2618-2626, Dec. 2004.

Kazuaki Obana, Takashi Shimizu, Takahiro Murooka, Kazuhiro Hayashi (NTT AT), and Kimio Oguchi (Seikei Univ.), "Evaluation of the MXQ Mechanism by Audio and Video Applications," Proc. APCC 2004, vol.2, pp.514-518, Beijing, China, Aug. 2004.

Kazuaki Obana, Takashi Shimizu, Takahiro Murooka, Kazuhiro Hayashi (NTT AT), and Kimio Oguchi (Seikei Univ.), "Evaluation of the MXQ mechanism by using vic and rat," Proc. AccessGrid Retreat 2004, Toronto, Canada, June 2004.

T. Nakachi, T. Sawabe, J. Suzuki, and T. Fujii, "A Study on Non-Octave Resolution Conversion based on JPEG2000 Extensions," Proc. ICASSP 2004, IMDSP-L3.6, May 2004.

H. Kimiyama, K. Shimizu, T. Kawano, T. Ogura, and M. Maruyama, "Real-time Processing Method for an Ultra High-speed Streaming Server Running PC Linux," Proc. AINA 2004, vol.2, pp.441-446, Mar. 2004.

K. Shimizu, T. Ogura, T. Kawano, H. Kimiyama, and M. Maruyama, "Achieving Wire-Speed Protocol Processing in a Multi-Gbps Network using BSD UNIX and an OC-48c Network Interface Card," Proc. 6th International Conference on Advanced Communication Technology (ICACT) 2004, vol.1, pp.334-339, Phoenix Park, Korea, Feb. 2004.

Kazuaki Obana, Takashi Shimizu, and Atsushi Takahara, "Destination Arrival Time Based Queueing System - DESART -," Proc. CCCT 2003, Orlando, USA, Aug. 2003.

O. Akashi, T. Sugawara, K. Murakami, M. Maruyama, N. Takahashi, and K. Koyanagi, "Agent system for inter-AS routing error diagnosis," IEEE Internet Computing, vol.6, no.3, pp.78-82, May 2002.

●ワイヤレスシステムイノベーション研究部

【論文・国際会議】

K. Akabane, H. Shiba, M. Matsui, K. Kobayashi, and K. Araki, "Design and Performance Evaluation of IEEE 802.11a SDR Software Implemented on a Reconfigurable Processor," IEICE Trans. Commun., vol. E88-B, no. 11, pp. 4163-4169, Nov. 2005.

M. Kawashima, T. Nakagawa, Y. Yamaguchi, and K. Araki, "Improved technique for reflection performances in broadband variable gain low noise amplifiers," 13th Gallium Arsenide and other Compound Semiconductors Application Symp., pp. 81-84, Oct. 2005.

T. Shono, Y. Shirato, H. Shiba, K. Uehara, K. Araki, and M. Umehira, "IEEE 802.11 Wireless LAN Implemented on Software Defined Radio with Hybrid Programmable Architecture," IEEE Trans. on Wireless Communications, vol. 4, no. 5, pp. 2299-2308, Sep. 2005.

T. Seki, N. Honma, K. Nishikawa, and Kouichi Tsunekawa, "Millimeter-wave High Efficiency Multi-layer Parasitic Microstrip Antenna Array on TEFLON Substrate," IEEE Transaction on Microwave Theory and Technique, vol.53, no.7, pp. 2101-2106, July 2005.

N. Honma, T. Seki, K. Nishikawa, K. Tsunekawa, and K. Sawaya, "Series-Fed Beam-Scanning Antenna Employing Multi-Stage Configured Microstrip Antennas with Tunable Reactance Devices," IEICE Trans. Commun. vol.E88-B, no.6, pp.2297-2304, June 2005.

Bin Zhen, Kobayashi Mamoru, and Shimizu Masashi, "The reading of transmitter-only RFID tags," ACTA, International Journal of Computers and Applications, vol.27, no.1, pp.10-19, Jan. 2005.

清水 雅史,照日 繁, “RFIDの今後の展望,”  Microwave Workshops and Exhibition (MWE) 2004, ワークショップ01-4, Nov. 2004.

F. Nuno, I. Toyoda, and M. Umehira, "Performance evaluation of QoS control scheme that uses back pressure traffic control," The 15th IEEE International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications, 2004 (PIMRC 2004), vol.2, 5-8, pp.830-834, Sep. 2004.

S. Kurosaki, Y. Asai, T. Sugiyama, and M. Umehira, "A SDM-COFDM Scheme Employing a Simple Feed-Forward Inter-Channel Interference Canceller for MIMO Based Broadband Wireless LANs," IEICE Trans. Commun, vol.E86-B, no.1, pp.283-290, Jan. 2003.

M. Kawashima, T. Nakagawa, H. Hayashi, K. Nishikawa, and K. Araki, "A 0.9-2.6 GHz Broadband RF Front-End Chip-Set with a Direct Conversion Architecture," IEICE Trans. Commun., vol.E85-B, no.12, pp.2732-2740, Dec. 2002.

●フォトニックトランスポートネットワーク研究部

【論文・国際会議】

Hiroshi masuda, Masahito tomizawa, Yutaka Miyamoto, and Kazuo hagimoto, "High-performace distributed Raman amplification systems with limited pump power", IEICE Trans. Commun., vol.E89-B, no.3, Mar. 2006.

T. Inui, K. Mori, T. Ohara, H. Takara, T. Komukai, and T. Morioka, "160 Gbit/s adaptive dispersion equaliser using asynchronous chirp monitor with balanced dispersion configuration," IEE Electronics Letters, vol.40, iss.4, pp.256-257, Feb. 2004.

A. Watanabe, K. Noguchi, K. Shimano, T. Kawai, E. Yoshida, A. Sahara, T. Takahashi, S. Okamoto, T. Goh, Y. Takigawa, M. Koga, and K. Sato, "Photonic MPLS Router to Create Bandwidth-Abundant IP Networks," IEEE Journal of Lightwave Technology Special Issue on "Optical Networks", vol.21, iss.11, pp.2851-2862, Nov. 2003.

S. Kuwahara, A. Hirano, H. Masuda, H. Kawakami, Y. Miyamoto, M. Yoneyama, Y.Kisaka, K. Sato, M. Tomizawa, Y. Tada, T. Sawabe, and T. Fujii, "WDM field demostration of 43 Gbit/s/channel path provisioning by automatic dispersion compensation using tone modulated CS-RZ signal," ECOC 2003, no.Tu1.6.2, Sep. 2003.

J. Yamawaku, H. Takara, T. Ohara, K. Sato, A. Takada, T. Morioka, O. Tadanaga, H. Miyazawa, and M. Asobe, "Simultaneous 25 GHz-spaced DWDM wavelength conversion of 1.03 Tbit/s (103×10 Gbit/s) signals in PPLN waveguide," IEE Electronics Letters, vol.39, iss.15, pp.1144-1145, July 2003.

K. Shimano, A. Sahara, K. Noguchi, T. Takahashi, M. Koga, Y. Takigawa, and K. Sato, "Fast Restoration on Network Control Plane Established Through Photonic MPLS Router," IEICE Trans. Communication vol.E86-B, no.5, pp.1522-1529, May 2003.

T. Yamamoto, H. Takara, and S. Kawanishi, "270-360 GHz tunable beat signal light generator for photonic local oscillator," IEE Electronics Letters, vol.38, iss.15, pp.795-797, July 2002.

K. Suzuki, H. Kubota, S. Kawanishi, and M. Fujita, "High-speed bi-directional polarization division multiplexed optical transmission in ultra low-loss (1.3 dB/km) polarization maintaining photonic crystal Fibre," IEE Electronics Letters, vol.37, iss.23, pp.1399-1401, Nov. 2001.

H. Takara, T. Ohara, K. Mori, Kenji. Sato, E. Yamada, Y. Inoue, T. Shibata, M. Abe, T. Morioka, and Ken-ichi Sato, "More than 1000 channel optical frequency chain generation from single supercontinuum source with 12.5 GHz channel spacing," IEE Electronics Letters, vol.36, iss.25, pp.2089-2090, Dec. 2000.

佐藤 健一, "フォトニックネットワーク," NTT R&D, vol.49, no.1, pp.31-41, Jan. 2000.

Yutaka Miyamoto, Akiro Hirano, Kazushige Yonenaga, Akihide Sano, Hiromu Toba, Koichi Murata, and Osamu Mitomi, "320-Gbit/s (8 x 40 Gbit/s) WDM transmission over 367-km with 120-km repeater spacing using carrier-suppressed return-to-zero format," IEE Electronics Letters. vol.35, iss.23, pp.2041-2042, Nov. 1999.

書籍リスト(主要関連書籍紹介)このページの先頭へ

●無線通信技術大全

阪田史郎、嶋本薫 編著 リックテレコム 2007年2月

●新世代ワイヤレス技術

中嶋信生 編 丸善 2004年3月

●改訂版 802.11高速無線LAN教科書

守倉正博、久保田周治 監修 インプレス 2004年12月

●広帯域光ネットワーキング技術―フォトニックネットワーク

佐藤健一 編著 古賀正文 著 電子情報通信学会 2003年3月

●P2P インターネットの新世紀

河内 正夫 監修 小柳 恵一 編著 (社)電気通信協会 2002年5月

●10ギガビットEthernet教科書 −LAN から MAN, WAN, SAN への新展開−

石田 修、瀬戸 康一郎 監修 IDGジャパン 2002年4月

●未来ねっと技術シリーズ 超高速ネットワーク技術

河内正夫 監修 藤井伸朗・山林由明 編著 (社)電気通信協会 2000年11月

新聞・雑誌掲載リストこのページの先頭へ

2007年度
新聞・雑誌名 掲載日 タイトル News release
O plus E 2007.8 10Tbps級伝送の実現に向けた超大容量光トランスポート技術  
O plus E 2007.8 位相同期マルチキャリア光発生・WDM伝送技術  
日本経済新聞 2007.8.28 位置情報、10キロ先まで送受信 NTTが新端末  
2006年度
新聞・雑誌名 掲載日 タイトル News release
電子情報通信学会誌 2007.2 世界最大容量14Tbit/sの光通信を光ファイバ1本で実現  
オプトロニクス 2006.6 光ネットワークと制御技術  
オプトロニクス 2006.6 光ファイバ増幅技術  
科学新聞 2006.4.7 WDMの波長群を一括処理10Tビット級光スイッチング News release
2005年度
新聞・雑誌名 掲載日 タイトル News release
日刊工業 2006.3.30 光処理量、毎秒10Tビット  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(21) 2006.2.15 光信号をそのまま増幅する光アンプ  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(20) 2006.2.1 40GのWDMを支える高密度技術  
日経エレクトロニクス 2006.1.30 再構成可能なRFチップ
次世代品が続々登場へ
 
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(19) 2006.1.15 光ネットの研究を支える「テストベッド」  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(17) 2005.12.15 光ネットとIPを統合する「GMPLS」  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(15) 2005.11.15 光コア網を自在に運用できる「ROADM」  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(14) 2005.11.1 光コア網の基本プラットフォーム「OTN」  
日経コミュニケーション/身近になる光ネットワーク(13) 2005.10.15 Tビット/秒超の通信を支えるコア技術  
日経産業 2005.9.29 グリッドコンピューティング連携自動化に成功 News release
フジサンケイビジネスアイ 2005.9.24 分散コンピュータを連携
日刊工業 2005.9.22 グリッドと超広帯域光ネット連携実験に成功
フジサンケイビジネスアイ 2005.5.27 大容量光信号を効率分配 News release
日経産業 2005.5.26 ネットのパンク防ぐ
混雑時、波長の種類を増やす
日刊工業 2005.5.26 フォトニックIX実証
2004年度
新聞・雑誌名 掲載日 タイトル News release
電経新聞 2005.1.24 研究派 個人放送局を可能に News release
日経産業新聞 2005.1.13 動画など手軽に同時配信
NTT 既存通信網向け装置
 
文藝春秋 2005.1.8 二月特別号 無線ICタグとブロードバンド&ユビキタス社会  
映像新聞 2004.12.20 NTTコム、朝日放送など4社
HD非圧縮の多重伝送を実施
 
日刊工業新聞 2004.12.2 アンテナ数に応じ容量増
多入力多出力伝送技術 NTTが実証実験
News release
日経産業新聞 無線LAN 通信速度2倍に
NTT、実証実験を開始
電経新聞 2004.12.6 100M無線の実用化前進
5G帯使い横須賀で実証実験
映像新聞 2004.11.15 非圧縮HDTV 映像の同期多重伝送を実験  
フジサンケイビジネスアイ 2004.10.15 NTT 超高精細デジタルシネマ
東京国際映画祭で世界初の「4K」仕様
News release
日経産業新聞 デジタルシネマ上映
朝日新聞 東京国際映画祭 「失楽園」世界最高画質で
科学新聞 2004.7.16 世界最高速の10Gbps
パケット識別・転送処理ボード開発 ファイアウォールで操作確認
News release
日経産業新聞 2004.7.7 大量データ攻撃 毎秒10ギガに対応
NTTがシステム開発
日経産業新聞 2004.6.7 光信号のまま経路変更
NTT・富士通 基礎実験に成功
 
科学新聞 2004.6.4 デジタルシネマ実験推進 協議会設立
「4K」企画を標準化 伝送技術など実験推進
News release
日経産業新聞 2004.5.27 デジタル映画 劇場に配信
総務省、産学と組技術開発
フジサンケイビジネスアイ デジタル映画で規格作り
東大、電機各社など国際標準目指し研究
日経産業新聞 2004.5.18 光通信速度16倍に
2010年実用化めざす
 
日刊工業新聞 2004.5.14 NTTと独テレコム研
既設光ファイバーで通信速度を最大4倍に
 
2003年度
新聞・雑誌名 掲載日 タイトル News release
日経産業新聞 2004.3.16 NTT東日本とラオックス
無線ICタグで店頭分析
 
科学新聞 2004.2.6 ハイビジョンなど大容量情報を伝送制御
NTT、NECなど6社 経済的な光ネット技術「GMPLS」で実証
News release
電気新聞 2004.2.2 NTT ICタグで物品管理
誤差2.5メートル以内移動も把握 来年度にも製品化
 
通信興業新聞 2004.2.2 NTT等6社 次世代網実験が成功
「フォトニック網」に見通し
News release
日本工業新聞 2004.1.26 NTTなど6社 動画像伝送に成功
次世代ネット統合技術構築
日経産業新聞 NTTなど6社
IP・次世代通信網を接続 高画質動画伝送に成功
日本工業新聞 2004.1.15 光ファイバーにインターネットの発想  
通信興業新聞 2003.12.15 NTTの技術を活用
仏に超高精細映像を配信
News release
科学新聞 2003.12.12 ネットでキーパーソン検索
サーチエンジンNEXAS NTT未来ねっと研が開発
 
日経産業新聞 2003.12.9 高精細カメラで屋外収録に成功
通信研と日本ビクター
News release
日経産業新聞 2003.12.8 NTTが多機能LSI
回路、用途に応じ使い分け
 
日経産業新聞 2003.11.18 中断作業 別機器で継続
外出時はPDA 情報変更ソフト
 
日刊工業新聞 2003.11.18 IP映像ネットワークシステム  
科学新聞 2003.11.7 世界最速43Gbps実験回線 慶大、NTTなど共同実験へ News release
通信興業新聞 2003.11.3 NTT、慶大が共同実験
世界最高速43ギガネット
通信興業新聞 2003.11.3 NTTなどの4社 世界で初めて成功
IP網と光網の接続可能に
News release
電波タイムズ 2003.10.29 NTTなど4社 GMPLSとMPLS間
世界初、相互接続に成功
次世代ネットの導入可能に
日経産業新聞 2003.10.27 高速IP網とフォトニック網
NTTやNEC 接続実験に成功
日本工業新聞 プロトコル相互接続に成功
「GMPLS」「MPLS」 NTTなど4社
日刊工業新聞 IP網と光通信網 世界初の相互接続
NTTなど4社が新技術
日本工業新聞 2003.10.24 2時間映画を1秒で
世界最高速のネット技術 NTT、慶大が共同実験
News release
日本経済新聞 超高速光通信の実証実験 映画1本1秒で
NTTと慶大 毎秒43ギガビット
日経産業新聞 世界最高速 毎秒43ギガ光通信
映画配信や遠隔授業円滑に NTT・慶大が実証試験
時事通信 2003.10.23 映画1本分を1秒で送受信
43ギガ回線で実験 慶大とNTT
共同通信 映画1本分を1秒で送受信
NTTなど超高速回線実験
産経新聞 2時間映画1秒送受信
NTTと慶大が実証実験
夕刊フジ 2003.8.13 鈴鹿8耐”IT革命”  
日経産業新聞 2003.7.24 ホームページを便利に
「どこでも通信」基礎作る
 
日刊工業新聞 2003.6.26 次世代IP映像配信用プロコトルを実装
ノーテルがスイッチ
 
朝日新聞 2003.6.18 携帯 農漁用に活用
温室の室温表示/密漁船の監視
 
日経産業新聞 2003.6.18 携帯端末 無線でソフト改良
NTT バグ修正、機能更新も
News release
電波タイムズ 2003.6.4 TAO/NTT 広域同時多地点配信に成功
JGN上で大規模実証実験
News release
日刊工業新聞 2003.6.3 ギガネットを使い同時・多地点配信
TAOとNTT 実証実験に成功
日本工業新聞 2003.6.2 複数個所から複数番組 ストリーム配信成功
TAOとNTT
日経産業新聞 光で通信の高画質動画
広域同時配信に成功
日本工業新聞 2003.5.21 ネットワーク 複数レイヤーを統一制御
NTTなど5社 相互接続実験に成功
News release
日経産業新聞 方式の異なる通信回路 相互接続を実現
NTTなど5社
日刊工業新聞 GMPLS 複数レイヤーで相互接続実験成功
NTTなど5社連合

ニュースリリース一覧このページの先頭へ

<2007年度>

NTTニュースリリース、世界最高の集積度をもつ準ミリ波帯3次元MMICを開発 (2007年12月10日)

<2006年度>

世界最大容量、毎秒14テラビットの光伝送に成功 (2006年9月29日)

日米間で組織を超えた超広帯域ネットワークの帯域予約を自動化 (2006年9月11日)

世界初のネットワーク配信デジタルシネマ共同トライアル「4K Pure Cinema」の参加メンバー拡大等について
〜最新作「M:i:III」のネットワーク配信・興行決定〜
 (2006年7月4日)

世界初のネットワーク配信デジタルシネマ共同トライアル「4K Pure Cinema」を拡大実施 〜「ダ・ヴィンチ・コード」、「ポセイドン」のネットワーク配信・興行決定〜 (2006年5月16日)

デジタルシネマ共同トライアル「4K Pure Cinema」における最新上映プログラム決定のお知らせ -「V フォー・ヴェンデッタ」(ジェイムズ・マクティーグ監督)を最高品質の4K規格で上映-  (2006年4月20日)

<2005年度>

毎秒640ギガビット波長群の光信号一括処理により、
光処理容量毎秒10テラビット級の光スイッチング実験に成功
〜超大容量10Tbit/s級フォトニックネットワークの実現に前進〜
 (2006年3月29日)

デジタルシネマ共同トライアル「4K Pure Cinema」の実施について
〜ティム・バートン監督の「コープス・ブライド」を第一弾として、世界初、最新映画をDCI仕様デジタルシネマにてネットワーク配信・興行〜
 (2005年10月11日)

グリッドと超広帯域光ネットワークの連携実験に世界で初めて成功 (2005年9月21日)

フォトニックネットワーキング技術を用いた次世代インターネット相互接続共
同実験におけるフォトニックIXの基本動作の実証
 (2005.5.25)

<2004年度>

世界初、一本の光ファイバに1000波長を多重する伝送実験に成功
−研究開発テストベッドネットワークJGNIIで126km伝送−
 (2005年3月8日)

毎秒100メガのブロードバンド無線アクセスを実現する多入力多出力伝送技術「MIMO-OFDM伝送技術」の実証実験を開始
−ホットスポットや新世代モバイル通信の大容量化も可能に−
 (2004年12月1日)

10ギガビットイーサネットワーク上で非圧縮HDTV映像のリアルタイム長距離伝送に成功〜超高速IPネットワークによる高画質映像配信が実用化レベルに (2004年11月16日)

「第17回東京国際映画祭」において世界で初めてハリウッド標準仕様の4Kデジタルシネマを上映 (2004年10月14日)

高速ネットワーク上で高機能処理を可能とする世界最高速の10Gb/sパケット識別・転送処理ボードを開発 (2004年7月6日)

フジテレビジョンとNTTコミュニケーションズによる世界初の日米間IPネットワークを用いた非圧縮によるHDTV映像伝送の共同実験を実施 (2004年4月9日)

<2003年度>

安定性に優れたインターネット環境の構築に向けOCNで広域IP網経路監視診断システム「ENCORE」を運用開始 (2004年2月26日)

次世代高品質TVカメラを用いた屋外収録実証実験を実施次世代デジタルシネマ技術とともにフランスの映画祭に出展 (2003年12月5日)

21世紀知的社会基盤の実現に向けた広帯域ネットワーク共同実験について  (2003年10月23日)

ブロードバンド・ユビキタ ス時代に向けたHDストリームの広域同時多地点配信に成功 (2003年5月30日)

<2002年度>

地球規模の超高精細、高品質ストリーム・コンテンツ配信実験に成功  (2002年11月13日)

全国どこからでもマルチ キャスト集配信を実現する衛星通信システムを開発 (2002年10月8日)

<2001年度>

情報家電とネットワークの対話により、自動的にデータ加工・通信制御するソフトウェアを開発  (2002年2月27日)

PHSから無線LANまで異なる無線方式に対応できるソフトウェア無線機を開発 (2001年11月26日)

世界初、市販PCで非圧縮ハイビジョン映像の実時間伝送に成功  (2001年10月26日)

世界初、複数ISP間の経 路障害を解析するインターネット自動診断システム“ENCORE”を開発  (2001年8月30日)

光ネットワークをダイナ ミックに制御するテラビット級光MPLSルータを開発  (2001年5月22日)

サーバを介さないピアツー ピアの新技術「SIONet」を開発  (2001年4月27日)

<2000年度>

薄型ディスプレイ用超高精細画像表示システム技術を開発  (2000年6月20日)

超高精細動画像の広帯域ネットワーク実験に成功 (2000年4月11日)

イベント情報このページの先頭へ

フッタエリアはここからです。