参考資料 2

科学技術の統合による新産業創出
学際的・業際的アプローチの必要性

包括的産学融合アライアンスの挑戦:
「異なる知の融合による創造」のため、包括的テーマの下に複数のテーマを立ち上げ、異業種企業群との連携とテーマ間の相乗効果を狙う「新しい形の融合連携」

現在の取り組み
異業種、異才が融合することで、これまで気づかなかったもの、新しいものが創出されている。
材料プロジェクトで合成した化合物をデバイスプロジェクトで評価し、企業が性能向上を支援している。
逐次的ではない、同時進行型の研究開発を推進中。


戻る

Copyright(c) 2003 日本電信電話株式会社