(お知らせ)
2003年12月24日
日本電信電話株式会社
株式会社NTT-X


共同実験中の「総覧型3Dウェブ検索サービス」を大幅に機能拡張
〜順位表示や取り置き機能等の追加で実用性を向上、
映画情報専門の検索メニューも追加〜


 日本電信電話株式会社 (以下NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和田紀夫)と株式会社NTT-X(以下NTT-X、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中嶋孝夫)は、2003年10月7日よりポータルサイト「goo」(*1)上に開設した実験サイト「gooラボ」(*2)( http://goo.ntt-infolead.net/ )において共同実験中の「総覧型3Dウェブ検索サービス」(*3)( http://goo.ntt-infolead.net/ )を、本日から大幅に拡張して運用します。なお、本サービスは2004年3月31日(予定)までご利用いただけます。


1. 順位表示や取り置き機能などの追加で実用性を向上
 既に提供中の総覧型3Dウェブ検索サービスに次のような機能を追加することで、より快適で実用的な検索が可能となります(図1)。
(1) 順位表示
ウェブページや画像の左肩に検索順位を数字で表示します。これにより、3次元空間上でのレイアウトを変えても検索結果の順位がわかります。
(2) 取り置き機能
検索結果を総覧しながら気になるウェブページや画像を一時的に取り置く機能を追加しました。これにより、取り置いたページや画像をあとでじっくり閲覧することができます。
(3) ユーザ設定機能
背景画像(壁紙)などをユーザ毎に設定できます。
(4) ピックアップ画面の拡大縮小機能
ピックアップしたウェブページや画像の表示サイズをマウス操作によって拡大縮小できるようになります。これにより、細かい文字が読みやすくなり、 Internet Explorerによる表示を重ね合わせた場合にページ全体を閲覧しやすくなります。
(5) その他
これまでにユーザの皆様方から頂いた多くのリクエストを採り入れることで、全体的に操作性が改善されます。


2. 映画情報専門の「3D映画検索」をサービスメニューに追加(図2
 「goo映画」(http://movie.goo.ne.jp/)で提供中の映画をはじめとした各映画情報を、今回新たにデザインした魅力的な3次元空間においてクルージング感覚で検索できる「3D映画検索」をサービスメニューとして追加します。
 「3D映画検索」では、現在上映中の映画情報を、ジャンル別、製作国別、製作年別、タイトルインデクス(50音順)で検索する4つの部屋と、配給会社の公式サイト集の部屋から構成された3次元空間が画面上に表示されます。ユーザはマウスや操作パネルを使って部屋を行き来しながら楽しく映画情報や予告編動画を見ることができます。


3. 今後の予定
 ブロードバンド時代における検索サービスの付加価値をさらに高めるために、今後も引き続き総覧型3Dウェブ検索サービスの機能拡張やサービスメニューの拡充を図る予定です。


<用語解説>
*1 goo:
NTT-Xが運営している日本を代表するインターネットポータルサイト。サービスの中核である「検索サービス」では、Webページの検索のみならず、画像、動画、音楽、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩かつ膨大なデータベースをもとに幅広い検索サービスを提供している。
*2 gooラボ:
NTT研究所で開発された新技術を活用し、先進的なインターネットサービスの可能性を社会に提示することを目的とする実験サイト。
*3 総覧型3Dウェブ検索サービス:
gooの検索サービスにInfoLeadを適用することで、キーワード検索の結果を50ページ以上同時に3次元空間上に配置して表示できる新しいウェブ検索サービス。検索の対象として画像だけを指定することや、キーワードの代わりにウェブページのURLを入力してリンク先ページを一括取得して総覧することもできる。



図1.総覧型3Dウェブ検索サービスへの追加機能
図2.「3D映画検索」の概要




[問い合わせ先]
日本電信電話株式会社
情報流通基盤総合研究所
企画部 広報担当 井田、佐野、遅塚
TEL:0422-59-3663
e-mail: koho@mail.rdc.ntt.co.jp

株式会社NTT-X
広報室 鈴木・田畑・栗山
TEL : 03-5224-5500
e-mail: pr@nttx.co.jp


NTT ニュースリリース

Copyright(c) 2003 日本電信電話株式会社