別紙2 撮影環境に左右されにくいことが特徴

 下記のようにさまざまな撮影環境下においても柔軟に対応し、認識することができます。立体物を対象にできる点、対象物を特定するための枠を用意するなど事前加工が不要な点も本技術の特徴です。

別紙2 撮影環境に左右されにくいことが特徴


戻る

Copyright(c) 2005 日本電信電話株式会社