図3:フォトニック結晶結合共振器における光パルス伝播測定例

図3: フォトニック結晶結合共振器における光パルス伝播測定例
(左)比較導波路に比べて125ピコ秒の遅延が得られており、この値は通過後のパルス幅の5.8倍である。(右)最も遅い伝播速度が観測された例で、空気中の光速の170分の1の速度で伝播している。
赤色が結合共振器を伝播した場合。
緑色は比較用直線導波路を伝播した場合。


戻る

Copyright(c) 2008 日本電信電話株式会社