図1 ATP受容体の構造(A)と活性化による変化のメカニズム(B)

図1 ATP受容体の構造(A)

 ATP受容体は細胞膜に存在し、細胞の外・細胞膜の中・細胞の中に存在する領域を持ち、3つの部分構造が集合することで一つのATP受容体を形成。

図1 活性化による変化のメカニズム(B)

 細胞外の領域に情報伝達物質、ATP(アデノシン三リン酸)が結合すると形を変え集合している3つの部分構造の中心部分に穴があき、イオンなどが通過することで細胞内に情報を伝達。


戻る

Copyright(c) 2009 日本電信電話株式会社