図2 AFMの基板とATP受容体との相互作用とそれに適した観察

図2 AFMの基板とATP受容体との相互作用とそれに適した観察

 AFMの基板をプラス、ATP受容体の表面にマイナスを任意の強さで調節し、荷電することで、電気的に適度な接着力とし、生体機能を維持したまま、基板に安定。


戻る

Copyright(c) 2009 日本電信電話株式会社