図4 ATP受容体の構造変化モデル

図4 ATP受容体の構造変化モデル

 ATP受容体は活性化に伴い、細胞外部分を大きく変化を行い、細胞膜に挿入される部分でイオンが透過する穴を形成。カルシウムイオンが無い場合に構造が大きく変化し、より大きな分子が透過する穴を形成(カルシウムイオンがあると穴は大きく変化せず)。


戻る

Copyright(c) 2009 日本電信電話株式会社