2010年5月11日
(報道発表資料)
日本電信電話株式会社
エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社
NTTレゾナント株式会社


NTTが「みんなの花図鑑」のβ版(試行サービス)提供を開始
(株)日比谷花壇の協力を得て花のデジタルアーカイブ・サービスを提供
同時に携帯電話で撮影した花の名前がわかる
新しい検索サービス「花サーチ」も開始
URL:http://minhana.com/


 日本電信電話株式会社(以下NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦 惺)、エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ株式会社*1(以下NTTLS、本社:東京都港区、代表取締役社長:古賀哲夫)、NTTレゾナント株式会社*2(以下NTTレゾナント、本社:東京都港区、代表取締役社長:中嶋 孝夫)は、株式会社日比谷花壇*3の協力を得て、「花」の写真・映像を集めたデジタルアーカイブ*4、「みんなの花図鑑」のβ版を、本日より提供開始しました。


■取り組み趣旨
 ブロードバンド・ネットワークの整備に伴い、デジタルコンテンツ(動画や静止画)のネット上の流通がますます盛んになってきています。
 こうした中でブロードバンドならではの双方向性を活かし、ユーザ投稿の仕組みも取り入れつつ、デジタル化された自然物の映像を集積しこれを活用することにより、新しいビジネスモデルの創出に繋げていきたいと考えています。
 今回はまず、自然物の中でも特に愛好者の多い「花」に着目し、「みんなの花図鑑」のβ版提供を開始しました。


■サービス概要
1.「みんなの花図鑑」
(1) 花図鑑(はなずかん)
 花の名称、科名、属名、学名、分布、花期などをご覧いただけるアーカイブを図鑑として公開しています。株式会社日比谷花壇から提供いただいた育て方などのコンテンツを含め、サービス開始時点で約500種の花の図鑑を用意しました。
(2) 花暦(はなごよみ)
 花の愛好家の方や植物園の学芸員など多くの方から、花の写真の投稿を受け付け、皆様から投稿された情報をベースに、どの季節にどんな花が咲いているのかをタイムライン(時系列)で閲覧できるサービスです。
(3) 花標(はなしるべ)
 全国各地の植物園情報を一覧で探すことが出来るサービスです。サービス開始当初は関東圏を中心に植物園情報を掲載します。
(4) 花サーチ - 携帯電話で利用可能
<1> 野山や町中を散策中に見つけた花の名前がわからない時に、携帯電話で撮影した花の写真から、花の名前やその他の情報が入手出来るサービスです。画像認識技術において、自然物、特に花や草木は難しいといわれていますが、今回試行的にサービスとして提供することが出来ました。また、花の撮影から検索までを簡単に操作できるiアプリ版も提供いたします。
<2> サービス利用方法
携帯電話で下記のURLまたはQRコードよりアクセス
<URL> <QRコード>
http://hanasearch.minhana.com/ <QRコード>
<3> 携帯ブラウザ版 対応機種
●携帯ブラウザ版
NTTドコモの携帯電話(FOMA906i以降、iモード対応XHTML2.3以上の端末)
※ドコモの法人向け端末、キッズケータイ、らくらくホン、スマートフォンには対応していませんのでご注意ください。
●iアプリ版
NTTドコモの携帯電話(FOMA906i以降、DoJa5.1以降、メガiアプリ対応(1024kb)
※ドコモの法人向け端末、キッズケータイ、らくらくホン、スマートフォンには対応していませんのでご注意ください。

2.提供体制
 β版の提供はNTTが行い、パートナー企業様との協業の推進等、サービスの充実に向け取り組みます。NTTLSはNTTからの委託を受けてサービスを運営します。またNTTレゾナントは「花サーチ」における携帯電話向け画像検索エンジンのASP提供を行います。
 なお今回の取り組み趣旨にご賛同いただいた株式会社日比谷花壇様には、コンテンツの一部の提供にご協力いただいているほか、今後のサービスの充実に関するご支援・ご協力をいただくこととなっています。

3.提供期間
 β版の提供期間は、2010年5月11日から2010年9月30日までの予定です。


■今後の予定
 当初提供する花の図鑑を種(シーズ)として、花の愛好家の方や植物園の学芸員など多くの方からの画像、コメント等の投稿を頂くことにより、映像だけでなく花にまつわる様々な知識や知見を集積し、充実した花のデジタルアーカイブが構築されることを目指します。
 また、この花図鑑を活用した様々なサービスをパートナーの皆様とともに開発・提供していきます。例えばデジタルフォトフレームへの配信サービスや、フォトブック化、また、ガーデニングのeラーニング化など、新たなサービス、ビジネスモデルの創出も含めたトライアルを行っていきます。

<本発表に関するエンドースメント>
 「株式会社日比谷花壇は、ネット上に花のデジタルアーカイブを創るという本取り組みが、花卉業界のさらなる発展に大きく寄与しうる試行サービスであると考え、今回の取り組みに対して積極的な協力を行いました。『花と緑を通じて真に豊かな社会作りに貢献する』という企業理念を掲げる弊社の考え方とも共通する部分があると考えています。」

株式会社 日比谷花壇
  ビジネスソリューション事業本部 営業企画部 部長 福島一博 様


≪補足≫
(*1)【エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ】
http://www.nttls.co.jp/
 NTTLSはNTTグループの教育・研修部門を担当する会社として1987年に創立されました。「教育・研修」事業だけではなく、現在の光ブロードバンド時代のコミュニケーションに欠かせない「映像コンテンツ」「Web」の事業領域も含めたトータルソリューションを展開しており、各事業におけるノウハウを蓄積するとともに多数のスペシャリストが存在しております。特に映像コンテンツ事業については、自社内に映像プロデューサー、ディレクターを擁し、これまでTVCF・VP・イベント映像など、顧客ニーズに応える高品位な映像作品を数多く創出。企画・制作からポストプロダクション業務に至るまで映像コンテンツにおけるトータルサービスを展開しています。特に、ポストプロダクション業務では、最新鋭のデジタル制作システムを配備し、TVCMから劇場用映画まで、クオリティが問われる作品を高度な編集技術でサポートしています。

(*2)【NTTレゾナント】
http://www.nttr.co.jp/
 NTTレゾナントは、2004年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始しました。
 NTTグループのブロードバンド事業のアプリケーションサービスとして、「goo」を、ブロードバンド時代をリードするポータルサイトとして強化・発展させ、インターネットユーザの幅広いニーズに応える利便性の高いサービスを実現します。

(*3)【株式会社日比谷花壇】
http://www.hibiya.co.jp/
 1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約180店舗を展開。設立60周年を迎え、日比谷公園店を2009年11月にリニューアルオープン。フラワーディスプレイ、フラワーギフトの企画・制作・販売、装花を伴うイベントのプロデュース等を行い、花とみどり溢れるライフスタイルを提案しています。今後も様々な日常の生活のシーンの中に、花とみどりのある生活文化を創造していきます。

(*4)デジタルアーカイブ
 デジタルアーカイブ (digital archive) とは博物館、美術館、公文書館や図書館の収蔵品を始め、有形・無形の文化資源等を、デジタル化して保存等を行うこと。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



【別紙1】「みんなの花図鑑」
【別紙2】「みんなの花図鑑」“花サーチ”概要
【別紙3】「みんなの花図鑑」“花サーチ”対応機種



本件に関する問合せ先
日本電信電話株式会社
新ビジネス推進室
TEL : 03-5205-5122

エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社
コンテンツ事業部 映像制作部
担当 : 川名・相澤
TEL : 03-5440-5531

NTTレゾナント株式会社 広報担当
TEL : 03-6703-6250
E-MAIL : pr@nttr.co.jp


NTT ニュースリリース

Copyright(c) 2010 日本電信電話株式会社