参考図

図3:レーザの静特性と動特性

図3:レーザの静特性と動特性
 (a)レーザの発振特性:しきい値1.5マイクロワット、ファイバに結合した最大光出力0.4マイクロワットが確認できました。(b)変調特性:変調振幅が半分になる変調速度は5.5ギガヘルツでした。入力光強度は130マイクロワットでしたので1ビットの伝送が約13フェムトジュールで可能であることがわかります。このような超低消費電力化は図1のようなマルチプロセッサ上の光ネットワークを構成する上で大変重要な特性です。


戻る

Copyright(c) 2010 日本電信電話株式会社