2010年9月29日
(報道発表資料)
NTTナレッジ・スクウェア株式会社
日本電信電話株式会社


eラーニングの可能性をひろげる
次世代映像ハンドリング技術の実証実験を開始
〜eラーニングサイト「N-Academy」と「映像ハンドリング技術」のコラボレーション〜


 NTTナレッジ・スクウェア株式会社(以下NTTナレッジ・スクウェア、本社:東京都港区、代表取締役社長:古賀哲夫)と、日本電信電話株式会社(以下NTT、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三浦惺)は、NTTナレッジ・スクウェアのeラーニングサイト「N-Academy」(URL: http://n-academy.jp/)上で、eラーニングの可能性を飛躍的にひろげる「映像ハンドリング技術」を適用した共同実験を行い、商用環境での有効性ならびに実用性を検証します。


1.背景と目的
 近年、光回線をはじめとするネットワークのブロードバンド化が進み、映像を用いた様々なサービスが楽しめるようになりました。eラーニング分野においても、映像を使ったリッチなコンテンツによる講座が数多く開設されています。
 このような状況の中で、2009年9月に発足したNTTナレッジ・スクウェアは、ブロードバンドを活用した双方向型の新たなネット教育サービス「N-Academy」の提供を同年11月より開始しており、現在では、スイーツ(辻口博啓氏)、ゴルフ(谷将貴氏)、マジック(Mr.マリック氏)など、各業界のトップランナーを講師に、14パートナーと70を越えるオンライン講座を展開しています。
 一方、NTTのサイバーソリューション研究所では、以前より映像コンテンツの効果的な活用を目的として、映像を適切な長さに自動分割したり映像の任意の場所にコメントを付与するなど、映像コンテンツに付加価値をつけることができる「映像ハンドリング技術」の研究に取り組んできました。
 今回、「N-Academy」のeラーニングコンテンツにNTTが開発した「映像ハンドリング技術」を用いて、映像中の重要なシーンにポイントとなるコメントを付与したり、必要なシーンを素早く見つけたり、直感的な操作で目的のシーンを繰り返し視聴できる機能を提供することで、講座の理解をよりいっそう深めることができると共に、先生と生徒との双方向の学びや仲間との楽しい学びを実現できるものと期待しています。


2.今回「映像ハンドリング技術」を適用するコンテンツ(参考資料
Mr.マリック マジシャン養成スクール
谷将貴   SPH internet golf school
鈴山キナコ   スイーツデコ講座


3.「映像ハンドリング技術」の概要と技術ポイント(別紙1別紙2
 「映像ハンドリング技術」とは、映像素材を加工することで映像コンテンツ中の重要な箇所をわかりやすく提示し、より内容の理解を深めることを可能にする技術です。今回の実験では、NTTのサイバーソリューション研究所が開発した「SceneKnowledge」(シーンナレッジ)と、「CyberCoaster」(サイバーコースター)を提供しています。

(1)「SceneKnowledge」(シーンナレッジ)
 映像に含まれるノウハウやナレッジを発見・共有することを目的として、映像をまとまりのある単位(シーン)ごとに分割し、シーン単位あるいはフレーム単位でコメントを付与できる掲示板を作成する技術。これにより、シーン単位で映像を繰り返し再生したり、コメントが多く付与されている部分の映像を素早く再生することができます。映像の各シーンとそれに付随するコメントが連動しているので、相互の参照や検索が容易にでき、必要なシーン、重要なシーンを素早く見つけ出すことができます。

(2)「CyberCoaster」(サイバーコースター)
 映像コンテンツの中にあらかじめ埋め込まれた「矢印」に沿ってマウスポインタをドラッグすることで、その矢印に関連づけられた部分の映像を操作できる技術。これにより、自分自身で映像中の物体を動かしているような印象を得ることができ、特にゴルフのスウィングなど動作の学習において有効であると考えられます。


4.各社の役割
(1)NTTナレッジ・スクウェア
 N-Academyのコンテンツおよびプラットフォームを提供し、利用動向調査や利用者アンケートを実施しビジネス性を評価します。

(2)NTT
 映像ハンドリング技術を提供し、商用環境における同機能の操作性および有効性を検証します。


5.実験期間
2010年9月29日〜2011年3月31日(予定)
第一期:2010年9月29日〜2010年12月
第二期:2011年1月〜2011年3月31日
※第二期は、第一期の内容にさらに機能を追加する予定です。
※第二期の開始日については、「N-Academy」サイトにて事前にお知らせ致します。


6.利用方法
 「N-Academy」(http://n-academy.jp/)からページ右上の「ログイン」をクリックし、無料会員登録を行った上で無料体験講座を受講します。
※ 本実験を利用するためには、Microsoft Windows(XP SP3/Vista SP2/Windows 7)上で、Internet Explorer 7.0以上、および Windows Media Player11以上、Adobe Flash Player10以上が必要です。それ以外の動作条件については、「N-Academy」の「受講にあたって、必要なものは何ですか?」(http://n-academy.jp/qa/#item-5)をご覧ください。

※ Microsoft、 Windows、Windows XP、Windows Vista,Windows 7、Internet Explorer、Windows Media は米国Microsoft Corporationの米国または各国での商標または登録商標です。また、Adobe および Adobe Flash Player は米国Adobe Systems Incorporated の米国または各国での商標または登録商標です。



【別紙1】 SceneKnowledge(シーンナレッジ)
【別紙2】 CyberCoaster(サイバーコースター)
【参考資料】 「映像ハンドリング技術」を適用するコンテンツ



[本件に関する問合せ先]
NTTナレッジ・スクウェア株式会社
菅/田中
Tel:03-3456-1200

NTTサイバーコミュニケーション総合研究所
(NTTサイバーソリューション研究所)
企画部広報担当 臼倉
Tel:046-859-2032
E-mail: randd@lab.ntt.co.jp


NTT ニュースリリース

Copyright(c) 2010 日本電信電話株式会社