別紙1
■ 実証実験 プログラム

(I)一般来場者向け実験(於:ららぽーと柏の葉)
(I)一般来場者向け実験(於:ららぽーと柏の葉)

(II)行政業務支援実験(協力:柏市役所)
(II)行政業務支援実験(協力:柏市役所)


1.タイムリー&タイムリー 情報配信サービス
 タイムリー&タイムリーでは、ららぽーとで今起こっている出来事を、何名かのレポーターや館内に設置されたセンサにより、店内に設置されているデジタルサイネージや、お客様の携帯端末にリアルタイムにお届けします。

1.タイムリー&タイムリー 情報配信サービス

本件に関する連絡先:国立大学法人 東京大学


2.ららぽーとなう 情報配信サービス
 ららぽーと内の各店舗から届いた本日のおすすめ品・特価品情報やセンサから得られた混雑情報といった「今」の情報をデジタルサイネージに表示する新しい情報配信サービスの実験をします。携帯メールやセンサから取り込んだ情報は即座にデジタルサイネージに反映されるので、お客様は、今どこで何が行われているかを知ることができます。

2.ららぽーとなう 情報配信サービス

本件に関する連絡先:三菱電機株式会社、株式会社横須賀テレコムリサーチパーク


3.ららぽーと・クイズラリー

 貸し出された携帯端末を使って、設置されたラリーパネルにタッチして答えるクイズラリーに参加できます。さらに、ラリーパネル付近の店舗情報やお得なクーポンも入手できます。

3.ららぽーと・クイズラリー

本件に関する連絡先:KDDI株式会社


4.エアパズルを探せ
 アクティブタグを内蔵した携帯電話を貸し出し、スタンプラリーの代わりにパズルのピースを配信する「エアパズル」を提供します。パズルの他にもショッピングモール内の位置に応じた商品情報・クーポン情報の配信や同伴者の位置情報の確認など、現在位置に応じた位置情報配信の有効性等を検証します。

4.エアパズルを探せ

本件に関する連絡先:株式会社NTTドコモ


5.ママのアクティブショッピング
 ママのアクティブショッピングでは、ベビーカーに設置したユビキタス端末(アクティブタグ内蔵)を通じて、ベビーカーをご利用のお客様に位置に応じたクーポンやお買い得情報を提供し、ご家族が携帯するアクティブタグの情報をもとに同伴者の位置情報を提供します。

5.ママのアクティブショッピング

本件に関する連絡先:パナソニック株式会社


6.フードコートお届けサービス
 フードコートで料理を注文したお客様には、ブザーの代わりに電子タグが手渡されます。
 スタッフは電子タグの位置を端末で確認し、お客様が待つ席まで料理を配膳する、フードコート初のサービスを提供します。

6.フードコートお届けサービス

本件に関する連絡先:株式会社日立製作所


7.東急ストア レシピ&クーポン
 店内では、お客様に貸し出したユビキタス端末に、おすすめのレシピ情報など、お役立ち情報が自動的に配信されます。お客様は、表示された商品札に端末をかざして商品情報を取得するほか、クーポン情報取得による対象商品の割引サービスなどを受けることができます。

7.東急ストア レシピ&クーポン

本件に関する連絡先:株式会社日立製作所


8.セルフコンシェルジュサービス
 お手洗いや授乳室、喫煙所などの場所の「施設基本ガイド」や趣向に応じた「テーマ別ガイド」などを、店員やインフォメーションセンターを探すことなく、その場で端末によりチェックすることができます。

8.セルフコンシェルジュサービス

本件に関する連絡先:株式会社日立製作所


9.チャレンジ・みんなでクリスマスツリー
 この出展は子供向けの体験型イベントです。
 イベントに参加した子供たちは、自分たちの動き(歩いたりジャンプしたり等)に連動して、クリスマスツリーがリアルタイムににょきにょき育ち、そしてイルミネーションやオーナメントが色とりどりに装飾される、「自然な人の動きによる電子工作」を体験できます。

9.チャレンジ・みんなでクリスマスツリー

本件に関する連絡先:沖電気工業株式会社、株式会社KDDI研究所


10.新しい計測技術を用いた「屋外広告調査支援・災害時情報収集支援」
 地方自治体が取り組む業務から、屋外広告物の調査業務と大規模震災時の情報収集業務を対象に、新しい計測技術と研究開発したユビキタス空間情報基盤技術を組み合わせ、行政サービスの新手法を実験します。モービルマッピングシステムやSAR(合成開口レーダ)画像という新しい計測手法を用い、従来の行政サービスの能率向上を図ります。

10.新しい計測技術を用いた「屋外広告調査支援・災害時情報収集支援」

本件に関する連絡先:株式会社パスコ、三菱電機株式会社、
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク


戻る

Copyright(c) 2010 日本電信電話株式会社