ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

図2 実際の動作例

図2 実際の動作例

素子から出力された電気信号の周波数と信号の強さ。青色の周波数はA(図中赤色)とB(図中黒色)が入力されたときのみ出力され、緑色の周波数は、AあるいはBのどちらかが入力されたときに出力されます。これより、A and B あるいは、A or B の動作が実際に同時に実行されていることが確認されます。これは最も簡単な例であり、実験では3つの入力に対するA or(B and C)や、「多数決ゲート」と呼ばれる、より複雑な論理回路の動作を、一個の板バネ素子で同時実行することにも成功しています。

<<ニュースリリース本文へ戻る

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。