ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

図3 DSPを用いた高速自動設定実験

(50ミリ秒以下の自動設定確立時間を実証)

図3 DSPを用いた高速自動設定実験

光スイッチにより、それぞれ距離(波形ひずみ量)が異なる光信号伝送ルートを切りかえる。(ルート1⇒ルート2) 切り替えが開始されて完了するまでの間、受信光信号が瞬断し、光受信器内で信号が途切れたこと検出し、アラームが発出される。伝送ルートがルート2に完全に切り替わって、光信号が再び入力復旧した瞬間から、波形ひずみを測定・除去し再び導通状態が回復されるまで12ミリ秒以下で動作完了し、100Gbps光通信が50ミリ秒以下で高速設定できることを確認した。

<<ニュースリリース本文へ戻る

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。