NTT
  • 前のページ
  • 3/19
  • 次のページ

PDF 200 KB

1.当四半期の連結業績等に関する定性的情報

(2)連結財政状態に関する定性的情報

当第2四半期連結累計期間における「営業活動によるキャッシュ・フロー」は、1兆4,366億円の収入となりました。前年同期比では、3,451億円(31.6%)増加しておりますが、これは、銀行休業日の影響に加え、携帯端末の割賦債権の回収が増加したことなどによるものであります。

「投資活動によるキャッシュ・フロー」については、1兆120億円の支出となりました。前年同期比では、1,801億円(15.1%)支出が減少しておりますが、これは、設備投資や期間3ヶ月超の資金運用に伴う短期投資による支出が減少したことなどによるものであります。

「財務活動によるキャッシュ・フロー」については、2,989億円の支出となりました。前年同期比では、1,859億円(164.4%)支出が増加しておりますが、これは、自己株式の取得が増加したことなどによるものであります。

以上の結果、当第2四半期連結累計期間末におけるNTTグループの現預金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比較して1,366億円(14.2%)増加し、1兆980億円となりました。

 

(単位:億円)

 

平成25年3月期

第2四半期連結累計期間

(平成24年4月1日から

平成24年9月30日まで)

平成26年3月期

第2四半期連結累計期間

(平成25年4月1日から

平成25年9月30日まで)

増減

増減率

営業活動による

キャッシュ・フロー

10,915

14,366

3,451

31.6

投資活動による

キャッシュ・フロー

△11,922

△10,120

1,801

15.1

財務活動による

キャッシュ・フロー

△1,130

△2,989

△1,859

△164.4

  

 

PDF 200 KB

ページトップ

  • 前のページ
  • 3/19
  • 次のページ

決算目次

Get adobe reader(別ウインドウが開きます)PDFをご覧いただくには、アドビシステムズ社で配布されている Adobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerは、こちらから無料でダウンロードできます。