ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2015年8月27日

株式会社NTTぷらら
日本電信電話株式会社

「ひかりTV」のインターネットブラウザがクラウド対応
〜テレビ画面上のインターネット表示スピードが約2倍に!〜
〜NTTが推進するエッジコンピューティング構想の新技術が商用サービスで初採用〜

 株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)は、スマートTVサービス「ひかりTV」の対応チューナー(ST-3200、ST-4100およびAM900)上で使用できるインターネットブラウザを2015年8月27日(木)より順次※1、クラウド対応していきます。

 「ひかりTV」は、映像配信サービスのほか、クラウドゲームやショッピングなどさまざまなサービスを展開しており、2014年1月より、テレビ画面上でインターネットのホームページを閲覧いただけるサービスを提供しています。これまでは、ホームページを表示させるために「ひかりTV」対応チューナーでホームページの描画処理を行っていましたが、このたびのクラウド対応によりサーバで描画処理を行うため、ホームページの表示が約2倍に高速化されます。また、テレビ画面上のホームページ表示を、テレビ画面と同時にお手元のモバイルで表示・操作することが可能となり、快適、便利にご利用いただけるようになります。

 今回の、「ひかりTV」のインターネットブラウザのクラウド対応は、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫 以下NTT)の「分散型Web実行プラットフォーム技術」を活用しています。「分散型Web実行プラットフォーム技術」とは、NTTが策定した、通信遅延の短縮および端末の負荷軽減の実現を目指す“エッジコンピューティング構想”の第一弾として開発された技術です。なお、本技術が商用のサービスに採用されるは「ひかりTV」のインターネットブラウザが初めてです。

  • ※1インターネットブラウザは、チューナーのソフトウェア(ファームウェア)のバージョンアップを実施してご利用いただけます。機種によってソフトウェアアップデート(ファームアップ)の時期は異なります。詳しくはひかりTVホームページ(http://www.hikaritv.net/ )をご覧ください。

新インターネットブラウザの主な特長

インターネットブラウザのクラウド化

 これまで「ひかりTV」対応チューナーで行っていたホームページの描画処理を、サーバが行うことで、お客さまは快適、便利にテレビ画面上でインターネットをご利用いただけるようになります。

  1. 画面表示がスピードアップ
    以前に比べ約2倍のスピードで画面表示をすることが可能になります。
  2. テレビ画面とモバイル機器の連動
    対応チューナー(テレビ画面)とスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器を連動させることができます※2。両画面に同じホームページを表示させ、どちらかの操作を双方に反映させることができます。モバイル機器との連動は屋外からでも可能なため、遠方に住む家族と同時に同じホームページの表示画面を共有し、写真を共有して楽しんだり、ショッピングの商品・価格などを一緒に確認したりすることができます。また、ブックマークの共有なども可能です。 「ひかりTVブラウザ」アプリアイコン
    「ひかりTVブラウザ」
    アプリアイコン
  • ※2モバイル機器との連動は専用アプリ「ひかりTVブラウザ」をダウンロードしていただく必要があります。サービス開始当初、専用アプリはAndroidでの提供となりますが、今後、iOSでの提供も予定しています。

(利用イメージ)

(利用イメージ)

操作画面(ユーザーインターフェイス)の刷新

 クラウド化と同時に、インターネットブラウザのデザインを刷新し新機能を追加しました。ブックマークやサジェスト検索(検索した文字列に関連の深い語句を逐次予測して表示する機能)などを追加し、パソコンに近い操作感でご利用いただけるようになります。

NTTの新技術

エッジコンピューティング構想について

 エッジコンピューティング構想は、端末機器でデータを処理せず、端末に“近い設備”でデータを処理することにより、端末の負荷を軽減し、リアルタイム性を要求するサービス(ゲーム、交通制御など)やサーバとの通信の頻度・量が多いデータ処理など、新たな領域のサービスの実現を目指した構想です。NTTでは、本構想の実現を目指し、WebやIoTに向けたプラットフォームとして研究開発を推進しています。

分散型Web実行プラットフォーム技術について

 分散型Web実行プラットフォーム技術とは、これまで、端末のみで実行しているWebコンテンツの処理をサーバと端末間で分散処理する技術で、エッジコンピューティング構想の第一弾として開発されました。本技術を採用し、サーバと端末間で分散処理をすることで、ブラウザ機能の拡充が可能となります。

「ひかりTV(ティービー)」について

「ひかりTV」は、ネットを通じてご自宅のテレビやパソコン、スマートフォン・タブレット端末などさまざまな機器*1で、人気の映画やドラマ、アニメなどのビデオ作品や専門チャンネル、さらにはクラウドゲームや音楽配信サービスなどをお楽しみいただける総合ライフエンターテインメントサービスです。「テレビサービス*2」では、人気の専門チャンネルや地上デジタル放送*3、BSデジタル放送を最大98チャンネル提供し、すべてのチャンネルがHD画質(ハイビジョン)によりご覧いただけます。また、お好きな時間に楽しめるビデオオンデマンド(VOD)として、「ビデオサービス」や「カラオケサービス」約90,000本*4を提供しています。「ビデオサービス」では約10,000本*4を見放題対象作品として提供しています。

  • *1一部利用できないサービスがあります
  • *2テレビサービスは、株式会社アイキャストが提供しています
  • *3地上デジタル放送は、20都道府県で提供しています
  • *42015年7月現在

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

ひかりTVに関するお問い合わせ先

株式会社NTTぷらら

広報室
TEL:03-5954-7270 E-mail:press@plala.co.jp

エッジコンピューティング構想に関するお問い合わせ先

NTT先端技術総合研究所

広報担当
TEL:046-240-5157 E-mail:a-info@lab.ntt.co.jp

Innovative R&D by NTT
NTTのR&D活動を「ロゴ」として表現しました

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリース インデックスへ

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。