ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2016年2月16日

トヨタ・PFN・NTT、「ぶつからないクルマ」のコンセプトを具現化
〜自動車・路側インフラ設備から収集した情報をリアルタイムに分析・学習し、走行中の自動車に提供〜

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下NTT)は、将来のIoTインフラの提供に向け、ターゲットとしている自動車・交通分野でエッジコンピューティング技術を活用した研究開発を推進しています。
 その中で、NTTで進めているICTを通じてパートナーの方々とコラボレーションすることで新たな価値を提供する「新たなステージ」の一環として、トヨタ自動車株式会社(以降トヨタ)、Preferred Networks社(以下PFN)と共に、「ぶつからないクルマ」のコンセプトを実動デモンストレーションとして具現化しました。

1.コンセプト展示の背景

 NTTでは、ネットワークのエッジに計算機能を持つサーバを分散して配置し、ユーザやスマートフォン、通信機能を持つ自動車等に近い位置で様々な処理を高速に行うとともに、複数の無線アクセス方式を組み合わせて確実にデータをやり取りする、高い信頼性と低遅延性を持つ IoTサービスの基盤技術の確立を目指しています。
 自動車分野では、より安全な走行を提供するため、車両が持つセンサの情報に基づいて自律的に判断、注意喚起等をする運転支援に加え、車々間や路側設備、歩行者の持つ端末などとの連携による周辺の状況の共有と活用が必要となってきています。そこで、トヨタ、PFN、NTTの持つコンセプトや技術を持ち寄り、実動デモを作成しました。

2.今回実現したコンセプトの概要

 今回実現したデモンストレーションでは、トヨタの考える人工知能を使った将来の運転支援のコンセプトを、NTTのエッジコンピューティング技術と高信頼無線技術と、PFNのぶつからない事象を学習するディープラーニング技術とその分散処理技術、を用いて実現しています(別紙:「高度運転支援向けエッジコンピューティング技術」参照)。
 自動車模型を使用し、各車が走行することで時々刻々変化する周囲環境に対して、衝突回避の動きを、エッジサーバで動作するPFN社の高度な人工知能により学習しました。複数の車の学習状態を共有することで、学習に必要な時間の短縮も実現しています。サーバと車との通信では複数の無線アクセス方式を使い高い信頼性が保たれており、送られた学習結果を用いてそれぞれの車が自律的にぶつかることなく走行しています。

3.今後の取り組み

 将来的には、エッジサーバ上で、たとえば複数の車や路側設備から送られるデータから、今周辺で何が起きているかといった動的で精密な交通空間情報を作る、交通渋滞等の分析・学習・予測をする、緊急時・災害時に車両の優先度付けを行う、など、より高度な処理を行うことで、リアルタイムに高度な運転支援をするために必要な情報を提供できるインフラ技術の確立を目指していきます。

参考

 今回発表したコンセプトデモとしてCES2016(米国ラスベガス、2016年1月6日〜9日)にて出展されたデモンストレーションを、2016年2月18日〜19日に開催する「NTT R&Dフォーラム2016」でご紹介いたします。
 「NTT R&Dフォーラム2016」サイト http://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2016/info/ 

  • エッジコンピューティング 端末とクラウドの間の端末に物理的に近い場所にサーバを置き、一部の処理を実行できる環境。

<別紙>高度運転支援向けエッジコンピューティング技術
〜リアルタイム通信・情報分析でぶつからない車を実現〜

 自動車が多くのセンサや通信機能を装備し、様々な情報を得ることで、運転車への様々な運転支援ができる世界がそう遠くない時期にやってきます。本技術を利用し、自動車・路側インフラ設備から収集した情報をリアルタイムに分析・学習し、走行中の自動車に運転支援情報を提供します。
 ネットワークにおいて、ユーザの近く(エッジ)に分析・学習機能を配備することで、従来のクラウドでは難しかったリアルタイムな制御を可能にします。

高度運転支援向けエッジコンピューティング技術

特徴

  • データ分析・学習・予測機能を、ユーザの近くに配備されたエッジコンピュータに搭載することで、即時に分析結果を渡すことが可能となり、リアルタイムに運転支援情報を提供可能です。
  • 学習に用いるデータを、複数の無線アクセス方式に分散・冗長して送信することで、無線アクセスの品質を確保し、高信頼・低遅延な通信を実現、新鮮なデータによる学習、学習結果の即時配信も可能となります。

主な利用シーン

  • AI技術の適用による高度な運転支援が可能となります。
  • 運転支援システムに必要な自動車周辺の3次元地図をリアルタイムに更新し、自動車に提供することが可能となります。
  • 電波状況の悪い地域でも自動車へスムーズに情報配信が可能となります。

本件に関するお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

研究企画部門 R&D推進担当
03-6838-5328
rdplan-pr@ml.hco.ntt.co.jp

Innovative R&D by NTT
NTTのR&D活動を「ロゴ」として表現しました

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリース インデックスへ

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。