ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2017年4月17日

ニコニコ超会議2017「超歌舞伎 Supported by NTT 花街詞合鏡」にて、NTTのICT技術を用いた
新たな歌舞伎×ICTの取り組みがさらに進化

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下 NTT)は、株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司、以下 ドワンゴ)が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の、4月29日・30日に幕張メッセで開催する超巨大イベント「ニコニコ超会議2017」内で上演される「超歌舞伎 Supported by NTT 花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」にて、昨年に引き続きICT技術を用いた新たな歌舞伎の実現にチャレンジします。

ニコニコ超会議2017「超歌舞伎 Supported by NTT 花街詞合鏡」

 NTTでは、昨年行われたニコニコ超会議2016「超歌舞伎 Supported by NTT 今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」において、NTTの研究所が開発したイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を用いた“分身の術”(図1)をはじめとする全く新しい歌舞伎演出や、歌舞伎の楽しみ方を広げる取り組みにチャレンジ*1し、多くの注目を集めました。

(図1)イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」による“分身の術”(図1)イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」による“分身の術”

 今回の超歌舞伎では、「Kirari!」のこの1年の研究開発成果*2を活用して、バーチャルとリアルが融合した演出を進化させたほか、昨年9月以来、国内展示会での出展を通じ多くの方々に体験頂いた、歌舞伎独特の化粧法である隈取と最新技術がコラボレーションした様々な仕掛けを楽しむことのできるインタラクティブ体験展示「変身歌舞伎」が「超変身歌舞伎」にパワーアップし、超歌舞伎に登場します。

(*1)NTT、ニコニコ超会議2016とJapan KABUKI Festival in Las Vegas 2016にて、歌舞伎と最新のICT技術の融合を実現
http://www.ntt.co.jp/news2016/1604/160419a.html
(*2)イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」の研究開発が進展!
http://www.ntt.co.jp/news2017/1702/170213b.html

 取り組みのポイントは、以下の通りです。

1.取り組みのポイント

(1)「Kirari!」新たな歌舞伎演出へのチャレンジの進化

 今作「花街詞合鏡」は様々な歌舞伎の舞台にもなっている「花街」で、中村獅童が演じる評判の男伊達「八重垣紋三」と、初音ミクが演ずる花魁「傾城初音太夫」との恋物語を上演しますが、艶やかな花魁道中の場面や、歌舞伎ならではの立廻りといった大きな見せ場において、NTTが開発を進めてきた、あたかもその場にいるような臨場感をあらゆる場所で感じることができる世界をめざすイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」の以下の研究開発成果を用いて、バーチャルとリアルが融合した新たな歌舞伎演出にチャレンジします。

★歌舞伎俳優の分身同士がバーチャルで立廻り!

 昨年の“分身の術”を実現した、映像中の特定被写体を分離する「被写体抽出技術」については、この1年でアルゴリズムの高度化によって、さらに精緻で滑らかな被写体抽出の実現が可能になりました。(図2

(図2)被写体抽出技術の進化(図2)被写体抽出技術の進化

 今年は本技術を用いて、会場の複数個所に置かれたカメラで捉えた歌舞伎俳優をリアルタイムに抽出します。
 また、今年は複数の被写体抽出システムを同時に運用することにより、「八重垣紋三」と澤村國矢が演ずる「蔭山新右衛門」のそれぞれの分身同士がバーチャルで迫力ある立廻りを演出します。

★音が飛び出す!迫力ある音響演出!

 スピーカを置いていない客席近くまで飛び出す音を作りだす「波面合成技術」という新たな音響再生技術(図3)を用いて、超歌舞伎の会場に、総延長36mにわたる240台のスピーカを客席を囲むように密に並べ、客席にまで飛び出す迫力ある音を作り上げます。
 雷鳴や鈴の音などが、まるで音源が客席近くにあるかのように聞こえます。

  • アリーナの一部席のみの提供となります。

(図3)波面合成技術のイメージ(図3)波面合成技術のイメージ

(2)「超変身歌舞伎」で歌舞伎の世界観を体験!

 歌舞伎独特の化粧法である隈取と最新技術がコラボレーションし、あたかも歌舞伎俳優になったかの体験が楽しむことのできるインタラクティブ体験展示「変身歌舞伎」。昨年5月のラスベガス歌舞伎で初お披露目し、9月よりどこにでも移動可能なコンテナにパッケージングして国内でも展示を始め*3、延べ1万人以上の方に体験頂いていますが、超歌舞伎では「超変身歌舞伎」としてさらにパワーアップして登場します。
 今回の注目は、超歌舞伎ステージ上に設置された高さ10mもの“デカオー丸”。来場者の顔を自動認識して隈取が「AR(拡張現実)」重畳(図4)された表情が、“デカオー丸”にプロジェクションマッピング投影(図5)され、表情の変化を大迫力で楽しむことのできる圧巻のアトラクションに仕上げました。

  • (図4)隈取AR重畳の体験イメージ(図4)隈取AR重畳の体験イメージ
  • (図5)“デカオー丸”のイメージ(図5)“デカオー丸”のイメージ

 体験可能時間は、以下のとおりです。

  1. <1>10:00〜12:30
  2. <2>14:00(一部終了後)〜15:30
  3. <3>17:00(二部終了後)〜18:00(29日のみ)

 また、ニコニコ超会議2017の正面ゲートにも“デカオー丸Jr”を設置し、来場者すべての方々に歌舞伎×ICTの可能性を体感いただく予定です。

  1. (*3)米国ラスベガスで好評を博したインタラクティブ展示「変身歌舞伎」を日本でも公開
    http://www.ntt.co.jp/news2016/1609/160920a.html

2.今後の展開

 本イベントを通じて、NTTの研究所は、ICT技術を用いた次世代の歌舞伎やエンターテイメント鑑賞に向けた研究開発の取り組みをより一層加速してまいります。

超歌舞伎 Supported by NTT 開催概要

演目名 花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)
公演日時 2017年4月29日(土)、30日(日) 各日13:00〜、16:00〜
公演場所 幕張メッセ イベントホール (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
出演者 中村獅童、初音ミク
中村蝶紫、澤村國矢、重音テト、ほか
脚本 松岡亮
演出・振付 藤間勘十郎
劇中曲 「吉原ラメント」(作詞・作曲:亜沙)/EXIT TUNES INC.
チケット情報 「ニコニコ超会議 2017」への入場券が必ず必要となります。
  • 2階席&3階席(自由席)…「ニコニコ超会議2017」入場券のみにて観覧可能
  • 超桟敷席(1階アリーナ前方指定席/「ニコニコ超会議2017」優先入場券&お土産付)…4,000円
主催 ニコニコ超会議実行委員会
製作 松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
制作協力 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 、重音テトオフィシャルサークル「ツインドリル」
超特別協賛/技術協力 NTT

本件に関するお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

研究企画部門 プロデュース担当
03-6838-5382

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリース インデックスへ

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。