ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2018年3月13日

ニコニコ超会議2018「超歌舞伎 Supported by NTT積思花顔競 –祝春超歌舞伎賑–」にて、
今年もNTTの最新技術を用いた歌舞伎演出を実施
〜今年は初音ミクが舞台上を練り歩く!?〜

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下 NTT)は、株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司、以下 ドワンゴ)が4月28日・29日に幕張メッセで開催する日本最大級の動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議2018」内で上演される「超歌舞伎 Supported by NTT積思花顔競 –祝春超歌舞伎賑–(つもるおもいはなのかおみせ –またくるはるちょうかぶきのにぎわい–)」にて、今年もNTTの最新技術を用いた新たな歌舞伎×ICTの演出を行います。

ニコニコ超会議2018「超歌舞伎 Supported by NTT積思花顔競 –祝春超歌舞伎賑–」

 NTTでは、ニコニコ超会議2016「超歌舞伎 Supported by NTT 今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」、ニコニコ超会議2017「超歌舞伎 Supported by NTT 花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」において、NTTの研究所が研究開発を進めるイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」を用いた“分身の術”をはじめとした最新技術を用いて全く新しい歌舞伎演出や、歌舞伎の楽しみ方を広げる取り組みにチャレンジしてまいりました。

 今回の超歌舞伎でも、「Kirari!」のこの1年の研究開発成果*1を活用して、バーチャルとリアルが融合した演出を進化させるほか、昨年に引き続き、歌舞伎特有の文化と最新技術がコラボレーションし、様々な仕掛けを楽しむことのできるインタラクティブ体験展示が超歌舞伎に登場します。

(*1) イマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」の研究開発が進展
http://www.ntt.co.jp/news2018/1802/180219b.html

1.取り組みのポイント

(1)「Kirari!」の最新「被写体抽出技術」を用いた歌舞伎演出の進化

 超歌舞伎ではおなじみの「分身の術」を実現してきた「被写体抽出技術」において、被写体と背景の色情報を教師データとした機械学習により、わずかな色の違いでも被写体と背景を識別できるようになりました。本技術を用いて、これまでできなかった背景に変化があるシーンにおいても頑健な被写体抽出を実現し、舞台大詰のシーンにおける獅童とミクの立廻りを演出します。

機械学習を取り入れた被写体抽出技術

機械学習を取り入れた被写体抽出技術

(2)「両面透過型多層空中像表示装置」による新たな演出の実現

 「超歌舞伎 Supported by NTT 今昔饗宴千本桜」ではペーパークラフトとして提供した、ミラーの再帰反射によって光路長を制御する独自の光学構成とスマートフォンを組み合わせることで箱の中に映像が浮かび上がる「多層空中像表示技術(Kirari! for Mobile)」を拡張し、複数の表示装置に対して光路長を制御することで3層の空中像を正面と背面から同時に視聴できる「両面透過型多層空中像表示装置」を開発しました。これまで実現できなかった新たなシーンでのミクの出演が可能となり、今回の超歌舞伎では本技術を用いて、山車にミクが乗って登場、背景も多層に表現し、ステージ上を練り歩きます。

両面透過型多層空中像表示装置

「両面透過型多層空中像表示装置」

「両面透過型多層空中像表示装置」を用いた山車のイメージ図

「両面透過型多層空中像表示装置」を用いた山車のイメージ図

(3)「大向こう」と最新技術が融合したインタラクティブ歌舞伎「歌舞伎シャウト」

 NTTの音響技術を活用した、歌舞伎特有の掛け声である「大向こう」の魅力を体験できる展示をアリーナ後方に設置します。歌舞伎特有の掛け声である「大向こう」とNTTの音響処理技術がコラボレーションし、大向こうの達人になったかのような体験を楽しむことができます。
 まず、大画面に表示された動き回る役者絵に大向こうを掛けると、音声認識により文字として可視化され、役者絵に向かって飛んでいきます。この際、「インテリジェントマイク技術」*2を利用することにより騒がしい空間においても音声認識を可能とします。また「リアルタイム波面合成技術」*3により、可視化された大向こうの動きと同期して音声が立体的に飛んでいきます。さらに、大向こうが役者絵にあたると、タイミング、大向こうらしさ、などの要素により、役者絵が様々な反応を返します。
 このような、大向こうの一連の流れを最新技術で拡張し体験いただくことにより、新たな形で歌舞伎に親しんで頂くことができます。

歌舞伎シャウト

歌舞伎シャウト

(*2)インテリジェントマイク
http://www.ntt.co.jp/md/products/product_29.html
(*3)リアルタイム波面合成技術
http://www.ntt.co.jp/journal/1710/files/JN20171024.pdf [1.62MB]

2.今後の展開

 本イベントを通じて、NTTの研究所は、ICTを用いた次世代の歌舞伎やエンターテイメント鑑賞に向けた研究開発の取り組みをより一層加速してまいります。

超歌舞伎 Supported by NTT 開催概要

演目名 積思花顔競 –祝春超歌舞伎賑–
(つもるおもいはなのかおみせ –またくるはるちょうかぶきのにぎわい–)
公演日時 2018年4月28日(土)、29日(日) 各日13:00〜、16:00〜
公演場所 幕張メッセ イベントホール (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
出演者 中村獅童、初音ミク
中村蝶紫、澤村國矢、鏡音リン、ほか
脚本 松岡亮
演出・振付 藤間勘十郎
劇中曲 「天樂」(作詞・作曲:ゆうゆ)/ INCS toenter Co.,ltd.
チケット情報 「ニコニコ超会議 2018」への入場券が必ず必要となります。
2階席&3階席(自由席)…「ニコニコ超会議2018」入場券のみにて観覧可能
指定席(1階アリーナ前方指定席/「ニコニコ超会議2018」優先入場券付)…4,000円
  • チケットはニコニコ超会議2018 公式サイトほかにて購入可能です http://www.chokaigi.jp/ 
主催 ニコニコ超会議実行委員会
製作 松竹株式会社/株式会社ドワンゴ
制作協力 クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
超特別協賛/技術協力 NTT

本件に関するお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

研究企画部門 プロデュース担当
03-6838-5382

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリース インデックスへ

サブコンテンツエリアはここからです。
  • NTT持株会社ニュースリリース内検索

 年   月 〜
 年   月 

  • NTT持株会社ニュースリリース
  • 最新ニュースリリース
  • バックナンバー
  • English is Here
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック!
  • Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。