ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2018年8月8日

日本電信電話株式会社

秘密計算システム 算師®の試用提供を開始
〜算師®により、大切なデータの安心・安全な利活用ができる世界を実現〜

 日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下NTT)は、企業秘密やパーソナルデータなど守るべき様々なデータの安心・安全な利活用に向け、データを暗号化したまま、実用的な速度で安全に集計・統計処理できる秘密計算システム 算師®(以下、算師)を開発しました。このたび、データ利活用の活性化に向けた取り組みとして、2018年8月20日から算師を無償で試用提供致します。

1.背景

 昨今、様々な分野のデジタル・トランスフォーメーションにより、サービス化、オープン化、ソーシャル化、スマート化への変化が進んでおり、分野横断的なデータの蓄積やデータの利活用がイノベーションを促進し、経済成長など様々な分野の発展につながることが期待されています。一方、データの管理に伴うインシデントリスクや社会的責任の大きさ、企業戦略等の保護の観点による、データのセキュリティ対策の必要性などがデータ利活用促進を阻害する要因となっています。
 NTTはそのような要因の解消に貢献するため、データを暗号化したままデータ処理可能な秘密計算技術の研究開発に世界に先駆けて取り組んで来ました。秘密計算の利点は、計算結果以外は誰にも見えないデータ運用ができること(図1)と、これにより、今まで他組織に開示することが難しかったデータを持ち寄った新しい統合分析が可能になることにあります。これまで、多施設臨床研究データ(1)やゲノムデータの解析(2)など、様々な分野への適用事例を検証すると共に、演算機能の充実や高速化等の改良を加え、NTTの秘密計算システム 算師 として開発を進めてまいりました。

図1 秘密計算の利点
図1 秘密計算の利点

2.試用提供システム概要

 このたびNTTが開発した秘密計算システム 算師 は、秘密計算の持つ「データを互いに開示することなく、データを暗号化したまま統合分析できる」という利点をシステムとして実現したものです。この価値を体感していただくことを目的として、算師を試用提供致します(図2)
 ご利用の申込みを頂いた皆様には、クラウド上に構築した算師を用いて、データを暗号化したまま集計・統計処理を行う算師の機能を実際に体験いただくことができます。気軽にお試し頂ける代表的な分析シナリオと試用データを以下3種類ご用意します(図3)。また、さらなる試用を希望されるご利用者の方には、ご自身が保有するデータに基づき、代表シナリオ以外の個別の分析シナリオ等で算師を試用するサポートもさせて頂く予定です。
 ご利用を希望の方は、ご連絡先(<1>会社名、<2>氏名、<3>メールアドレス、<4>電話番号)をご記載の上、お申込み窓口までご連絡下さい。利用申請に必要な書類をお送りします(3) (図4)

図2 秘密計算システム 算師 試用提供の条件
図2 秘密計算システム 算師 試用提供の条件
図3 試用提供システムで体験頂ける代表的な分析シナリオ
図3 試用提供システムで体験頂ける代表的な分析シナリオ
図4 秘密計算システム 算師 試用提供全体の流れ
図4 秘密計算システム 算師 試用提供全体の流れ

3.秘密計算システム 算師 の特徴

 NTTの秘密計算システム 算師(4)は、秘密計算の長年の技術課題であった処理速度を劇的に向上し、100属性×1000万件規模のデータの集計や統計演算を実用的な時間内に処理することができる世界最高レベルの秘密計算システムです。豊富な集計・基本統計演算処理を持ち、各演算を高速に実行することができます。

<1>充実した演算バリエーション

 算師では、図5に示す演算をウェブブラウザ上のGUIや統計解析ソフトウェア「R」のインタフェースでデータを見ることなく実行することができます。さらに、「R」で簡単なプログラムを作成し、回帰分析や主成分分析など、用途に応じた分析を実行することも可能です。
 試用提供システムでは、これらのインタフェースの一部を利用いただけます。

図5 秘密計算システム 算師 が持つ主な演算
図5 秘密計算システム 算師 が持つ主な演算

 特に、算師が提供するテーブル結合機能(複数の表を結合キーも漏らすことなく結合できる機能)は、異なる企業間や異業種間で、互いに所有データを見せることなくデータを統合し、横断分析した結果のみを得ることを可能にします。これにより、複数の企業をまたがるサプライチェーンや顧客データの分析など、これまで一企業や一業界では成し得なかったデータ利活用の新たな価値創造に貢献できると考えています。

<2>実用に足る高速性

 算師では、秘密分散方式の採用(5)に加え、独自の高速化アルゴリズムと暗号実装技術により、前述の豊富な演算バリエーションの提供と処理速度の向上を両立させています。
 秘密分散に基づく秘密計算では、データ処理の基本となるデータのサイズが小さい、演算を行う際に頻繁に使用される加算と乗算の両方を高速に処理できる、という圧倒的な二つの利点があります。そのため、他の暗号方式に基づく秘密計算と比べ、様々な演算を高速に処理することが可能です。
 加えてNTTでは、非常に小さい計算コスト・通信コストで動作する秘密計算の基本アルゴリズムを開発し、これを高度な暗号実装技術によって実装することにより、処理速度を劇的に改善し、世界最高レベルの演算速度を達成しています。

4.今後について

 NTTは、秘密計算システム 算師 の試用提供を通じて、企業秘密やパーソナルデータの安心・安全な利活用のより一層の促進をめざし、秘密計算を初めとするデータ利活用技術の開発とグローバル含めた普及に努めてまいります。

参考

  1. NTT持株会社ニュースリリース 医療統計処理における秘密計算技術を世界で初めて実証
    http://www.ntt.co.jp/news2012/1202/120214a.html
  2. NTT持株会社ニュースリリース 複数の研究機関が持つゲノムデータを相互に開示せず分析する解析手法を開発
    http://www.ntt.co.jp/news2016/1607/160712a.html
  3. 試用提供について
    試用システム提供の期間は2018年8月20日から2019年3月29日までとします。お申込み受付後、ご説明書、利用申請書等の書類をお送りします。申請書等の内容を確認させていただいた後にアカウント情報等、ご利用に必要な情報をご連絡致します。なお、申請書等の内容により、本システムのご利用をご遠慮いただくことがございます。予めご了承ください。
  4. NTTセキュアプラットフォーム研究所秘密計算紹介ページ
    http://www.ntt.co.jp/sc/project/data-security/secure_computation.html
  5. 秘密分散に基づく秘密計算とは
    秘密分散に基づく秘密計算では、データを暗号化して複数の「シェア」と呼ばれる断片に分割し、分散保管することでデータの安全性を担保し、さらに、データを複数のサーバに分散保存したまま一度も復号することなく計算を行います。なお、算師では国際標準化機構から認められた安心・安全な秘密分散方式を採用しています。
    NTT持株会社ニュースリリース 秘密分散技術の初の国際標準にNTTの秘密分散技術が採択
    http://www.ntt.co.jp/news2017/1710/171023a.html
  • 算師®は日本電信電話株式会社の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

日本電信電話株式会社

広報室
TEL:03-5205-5550

試用提供に関するお問い合わせ・お申込み先

日本電信電話株式会社

研究企画部門 プロデュース担当
E-mail:sanshi-pf-ml@hco.ntt.co.jp

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ

ローカルナビはここからです。
  • NTTグループの情報はこちらからもご覧いただけます
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック! Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。