ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

NTT持株会社ニュースリリース

2018年10月29日

国際イニシアティブ「EP100」、「EV100」への加盟について

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田純、以下 NTT)は、2018年10月29日、国際的なNPO法人「The Climate Group」が運営するエネルギー効率および再生可能エネルギーに関する国際イニシアティブ「EP100」(※1)と「EV100」(※2)に加盟しました。電気通信事業者の加盟は世界で初めてであり、「EP100」「EV100」の同時加盟についても世界初となります。

  • ※1EP100:事業のエネルギー効率を倍増させること(省エネ効率を50%改善等)を目標に掲げる企業が参加する国際イニシアティブ
  • ※2EV100:企業による電気自動車の使用や環境整備促進をめざす国際イニシアティブ

加盟の背景と今後の取組み

 NTTグループでは、主要事業領域であるICT分野において、その発展に伴い、大容量の情報処理や、大規模サーバの冷房などによる電力使用量が増加しています。2017年度の電力使用量は、国内の約1%を占める83.1億kWhであり、通信のトラヒックが急増している近年、エネルギーの効率化は一層重要な課題となっています。この課題の解決に向けて、高効率直流電力設備の導入促進及び通信設備の省エネルギー化に取り組み、2025年に2017年度比で「通信事業のエネルギー効率2倍(※3)」をめざします。
 さらに、環境負荷低減と車両保有コスト低減に向けて、NTTグループが保有している一般車両約1.1万台について、2025年までに「50%EV化」、2030年までに「100%EV化」をめざします。
 本内容は、ESG経営の一環として2018年6月26日の澤田社長就任会見時に参画を表明していたものであり、本取り組みを通し、NTTグループの発展・成長に寄与するとともに、日本社会・グローバル社会に貢献できるよう、努めてまいります。

  • ※3通信事業のエネルギー効率:国内の主要5社(NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTデータ)を対象とした、データセンターを含めた通信事業の通信量あたりの電力効率

 なお、The Climate Groupのコーポレートパートナーシップディレクターのマイク・パース氏は、NTTのコミットメントを歓迎し、以下のメッセージを発信しています。
 「NTTは、EV100とEP100の両方に加盟する最初の会社であり、エネルギー効率の高い設備導入を事業戦略の中心に据えることで、将来の事業運営と脱炭素化を両立させ、環境対策におけるリーダーシップを発揮しています。通信トラフィック増大に伴うエネルギー使用量増加への対策、車両運用の低炭素化を通じ、NTTはCO2排出量の削減、エネルギーコストの削減を図るとともに、環境に配慮した経済成長に取り組んでいます。」

(写真は、The Climate GroupのEV100責任者であるSandra Roling氏が2018年10月10日に弊社代表取締役副社長 井伊 基之と意見交換した際に撮影したものです)

「EP100」「EV100」のロゴ

本件に関するお問い合わせ先

広報室
TEL:03-5205-5550

ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

NTT持株会社ニュースリリースインデックスへ

ローカルナビはここからです。
  • NTTグループの情報はこちらからもご覧いただけます
  • NTT広報室 on twitter NTTグループの旬な情報をチェック! Facebook NTTグループ 公式フェイスブックページ(別ウインドウが開きます)
フッタエリアはここからです。