ページの先頭です。

NTTのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

スマートフォン向け自動適合型エコーキャンセラ技術

〜どんな端末でも快適なハンズフリー通話を実現〜

実現できること

  • スマートフォンは、端末ごとにスピーカー特有の音割れ、スピーカーからマイクまでの伝達時間の違いがあり、通話アプリでハンズフリー通話を提供する際には、「エコーが消えずハウリングする」「雑音で聞き取れない」「音量小さすぎて聞こえない」などの課題が存在
  • 通話アプリに本技術を適応すれば、自然かつ快適なハンズフリー通話が可能

スマートフォン向け自動適合型エコーキャンセラ技術の効果イメージ

スマートフォン向け自動適合型エコーキャンセラ技術の効果イメージ

仕組み

  • 機種によってエコーの性質や大きさが異なる場合でも、出てくる音声とエコーを自動で推定し、エコーの量に応じたエコー消去を行う
  • マイクに入る雑音を除去するノイズキャンセル機能、機種ごとの音量の違いを吸収する自動音量調整機能を併せてパッケージ化し、エコー以外の問題にも対応

[図] スマートフォン向け自動適合型エコーキャンセラ技術の検証イメージ

(1)自動適合エコー消去機能 (2)ノイズキャンセル機能 (3)自動音量調整機能によって、どの機種でも快適に通話可能なことを確認

[図] スマートフォン向け自動適合型エコーキャンセラ技術の仕組み:

利用イメージ

スマホやタブレット向けハンズフリー通話アプリに本技術を搭載

ビジネスイメージ

業務用などの通話品質が求められるスマホ向け通話アプリへの適用

提供方法

弊社ライセンス先企業のご紹介[SIまたはライブラリでのご提供]

フッタエリアはここからです。