ページの先頭です。

NTTのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

ピコ秒クラスの高速な光信号波形の強度と位相を測定する光回路技術

〜高速化される大容量光ファイバの品質評価を実現〜

実現できること

  • ピコ秒(1兆分の1秒)クラスの高速な光信号波形の強度と位相を正確かつ高感度に測定し、品質評価する

仕組み

  • 信号光とサンプリングパルスの同期を復元する線形光サンプリング法によって、測定帯域数百GHzを有し、信号強度と位相の両方が観測可能な測定を実現(非線型サンプリングで位相の測定が可能)

図1 超高速光信号測定の適応領域イメージ
図1 超高速光信号測定の適応領域イメージ

図2 線形光サンプリング法の技術概要
図2 線形光サンプリング法の技術概要

利用イメージ

  • 光回線の敷設時やメンテナンスにおいて機器を用いて光ファイバの品質を評価する

ビジネスイメージ

  • メンテナンス用機器の販売
  • メンテナンスサービスの提供

提供方法

  • 技術移転[ハードウェアの作り方をまとめた資料をご提供](海外向けもライセンス可能)

留意事項

  • 製品化している企業はご紹介できません。製品化を前提としたご提案になります。

その他のネットワーク技術

フッタエリアはここからです。