ページの先頭です。

NTTのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

箱をかぶせるだけの3Dスキャナ

〜虫を捕まえるような感覚で数十秒でスキャン可能〜

実現できること

  • 虫を捕まえるような感覚で本技術の箱をかぶせるだけで対象物の”全周の情報”を取得できる(スキャン時間は解像度に依存するが、数秒〜数十秒程度)
  • ヘッドマウントディスプレイとの組み合わせにより、モデルのAR表示を実現

箱をかぶせるだけの3Dスキャナの効果イメージ図。虫を捕まえるような感覚で数十秒でスキャン可能。

箱をかぶせるだけの3Dスキャナの効果イメージ

仕組み

  • 計測用の光を対象物体に投影し形状算出、色などの情報を取得
  • 複数の鏡で囲むことでカメラ1台でも複数方向から計測可能に

利用イメージ

箱型筐体の上部にピコプロジェクタとカメラを取り付けスキャンした情報をパソコンに取り込む

ビジネスイメージ

  • エントリーレベル向け思い出保管用3Dスキャナの提供
  • 幼児施設や体験施設、プラモデルやフィギュア店などへの提供

提供方法

特許ライセンス

フッタエリアはここからです。