ページの先頭です。

NTTのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

場内拡声機能付きカスケード接続ハンズフリーソフトウェアモジュールおよび音響実装技術

−少人数から多人数までさまざまな遠隔会議に高品質の音声を提供します−

このようなお悩みはありませんか? この技術が解決します!

現在、ビジネス社会では、通信システムを利用した電話会議が日常的に行われています。

本技術は、小型でかつ多様な形態で利用できるハンズフリーな音声会議装置端末を実現し、次の要望に応えることを可能としました。

  • いろいろな場所で人数に関係無く手軽に音声会議・打ち合わせがしたい。
  • 雑音の無いクリアな音質で電話・Web会議を実現したい。
  • 各種通信機器にだれでも簡単に接続でき、かつ容易に操作ができるようにしたい。

技術概要

本技術の特長は、次の2点になります。

  • (1)カスケード機能
    複数の端末を連結し、端末ごとに担当領域の収音と再生を行います。この結果、どの位置でも十分な音量と高品質での収音/再生が可能になり、接続端末の台数を変えることで少人数の打ち合わせから大規模な会議まで幅広く対応できます。
  • (2)場内拡声機能
    収音した端末以外のすべての端末から再生を行います。この結果、同一室内で離れた場所の人の声も拡声されて聞き取りやすくなります。

本技術は、

  • 参加人数が異なる多地点を通信で結ぶ会議における、音声会議装置
  • 多人数参加のテレビ会議における、複数台の外付けハンズフリー端末
  • PC会議などで少人数での打ち合わせにおける、手軽なマイクスピーカ
  • 広い部屋での会議や講演会における、場内拡声装置

など、コミュニケーションツールとしてさまざまな利用シーンへの適用が可能です。

[図] 場内拡声機能付きカスケード接続ハンズフリーソフトウェアモジュールおよび音響実装技術

適用ビジネス分野

  • 公共、教育、医療
  • サービス、エンターテイメント
  • 情報、通信

本技術の優位性

  • どの位置でも一定の感度で収音が可能です。
  • どの位置でも一定の音量で再生が可能です。
  • 遠くの人の声も聞き取りやすい音量で場内拡声できます。
フッタエリアはここからです。