トラヒック設計・管理技術

品質と経済性を両立するネットワークの設計
〜サービス・トラヒック構造の分析とネットワーク設計技術〜

通信ネットワークでは、お客さま視点で「品質」が満足できること、事業者視点で過剰な設備を抑えることの双方が求められます。そこで、実際のトラヒックを測定し、詳細な分析を加えることで短期・長期にわたる変動モデルを構築し、トラヒック理論を用いて通信品質と設備効率の両立を目指します。

概要図

図をクリックすると、拡大図が別ウィンドウで開きます。