ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

ネットワークの信頼性向上ネットワークの信頼性向上

災害に強い通信ネットワーク・設備づくりに努めています。

災害に強い通信ネットワーク

伝送路の被災による影響を抑えています

中継伝送路の多ルート化

中継伝送路の多ルート化"つなぎ続けるネットワーク"のポイントとなるのが、"切れない"または"切れてもすぐにつながる"という通信サービスの継続を意識した設計です。そのひとつが「伝送路の多ルート化」。国内の中継伝送路は、網目のように構築され、万が一、1つのルートが被災をしても自動的に他のルートへ切り替え、ネットワーク全体の混乱などを未然に防いで、通信を確保します。

ケーブル故障による影響を抑えています

災害を受けにくい海底ケーブルの敷設

災害を受けにくい海底ケーブルの敷設地震や台風など自然災害の多発地帯である台湾南沖バシー海峡付近を回避するとともに、日本から香港、シンガポールまでの敷設距離を最短ルートで結ぶことで、高い信頼性と低遅延を実現した海底ケーブル(ASE)を敷設し、運用しています。

※ ASE:Asia Submarine Express

通信ビルの被災による影響を抑えています

重要通信ビルの分散

オペレーションビル中継交換機などの重要設備を設置した通信ビル(重要通信ビル)が被災すると、このビルを経由する通信はすべて途切れてしまうことになります。そのため、重要通信ビルを分散して設置することで、複数の重要通信ビルが同時に被災する危険を回避しています。

災害に強い通信設備

大型台風に耐え、津波、洪水による浸水を防ぐ

風水害対策NTTの通信ビルや鉄塔は、風速60m/sの大型台風に耐えられるように設計しています。また津波、洪水などによる浸水を防ぐため、立地条件にあわせて水防板や水防扉を設置したり、ケーブル接続部への浸水防止対策をおこなっています。

図

震度7クラスの地震にも耐える

地震対策NTTの通信ビルや鉄塔は、震度7クラスの地震に耐えられるように設計しています。また、通信ビル内の交換機や電力設備などの通信設備は、倒壊しないように固定しています。

停電が発生しても予備電源で給電

停電対策突然の停電時にも電力を長時間確保できるよう、通信ビルや無線基地局には予備電源(バッテリ、エンジン)を設置しています。さらに万が一予備電源からの給電が停止する恐れがある場合には、移動電源車を配備し、給電をおこないます。

火災を防ぎ、火災に耐える

火災対策通信機械室に防火シャッターや防火扉を、通信ビル・とう道間には防火壁・防火扉を設置しています。また、通信ビル内からの火災発生を防ぐため、煙感知器・消火設備を常備しています。さらに、通信ケーブルの難燃化などの対策もおこなっています。

フッタエリアはここからです。