ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

災害時の通信の状況について災害時の通信の状況について

災害時に安否確認等の電話が集中すると、ふくそう(輻輳)と呼ばれる電話がつながりにくくなる現象が発生することがあります。NTTグループでは、緊急通話や災害時優先電話に加え、できるだけ多くの通信を確保できるよう、通信量のコントロールを行います。

災害時の電話のふくそう(輻輳)について

災害が発生した際には、被災地への安否の問い合わせやお見舞いの電話が殺到し、電話がつながりにくくなることがあります。これは被害地への電話が通信設備(回線や交換機)の許容量を超えてしまったために起こる現象です。このような通信集中による渋滞現象をふくそう(輻輳)といいます。 災害時の電話のふくそう(輻輳)について

災害発生時の通信イメージ災害発生時の通信イメージ

災害が発生! 被災地への電話が全国から殺到!
災害が発生! 災害が発生した場合、安否確認等の電話が被災地へ殺到します。
通信が集中し、ふくそう(輻輳)が発生! 通信を制御し、重要な通信を優先的に確保します。
この時、被災エリアの交換機の処理能力を超えるトラヒックが集中し、ふくそう(輻輳)が起こります。   交換機のシステムダウン等により通信ネットワーク全体への影響を回避するため、通信制御を行います。

災害時に有効な通信サービス

災害時に有効な通信サービス 災害用伝言ダイヤル(171) 災害用安否確認 災害用伝言版(web171) J-anpi 災害時優先電話
フッタエリアはここからです。