1993-2002

1993
  • 基礎研究所厚木移転
  • 0.2µm級LSI基本技術を確立
  • MU形光コネクタ実用化
1994
  • 総合研究所体制への移行、基礎技術総合研究所の発足
  • SIMOX基板に形成したSi量子細線で単電子トランジスタを試作
1995
  • 0.25µmCMOS/SIMOX技術による大規模ゲートアレイLSI試作に成功1
  • 波長多重分割光通信用アレイ導波路回折格子(AWG)光合分波器を開発
1996
  • LSI研究所からシステムエレクトロニクス研究所に名称変更
  • ハイブリッド集積WDM光送受信モジュールを開発2
  • 光アクセスシステム用PLC光部品の小型化・高密度化を実現
1997
  • 単一走行キャリア・フォトダイオード(UTC-PD)を開発3
  • 半導体アレイ導波路回折格子型(AWG)集積光デバイスを開発
1998
  • 先端技術総合研究所発足(6研究所体制)
  • 光コネクタサイズで低電力な 2.5 Gb/s 光送信モジュールを開発
1999
  • 低コスト MU 形コネクタによる単心系光コネクタ統一化ビジョンを策定
  • 厚木研究開発センタで ISO14001 を取得4
2000
2001
  • 世界に先駆けて2000本級ディジタルシネマの評価実験を開始
  • 超大容量DWDM伝送方式に不可欠な広帯域光アンプ(テルライトラマン光ファイバアンプ)を開発
2002
1

▲ページトップ