ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

イベント

2007年8月3日

先端技術総合研究所

先端総研

暮らしを支える科学と技術展世界を支える応用物理

おかげさまをもちまして盛況にて終了いたしました。

8月3日〜4日まで科学技術館において、応用物理学会主催による”暮らしを支える科学と技術展”が開催されました。多くの研究機関、企業、大学、高校などが参加し、講演会、技術展示の他、実験・工作教室も開かれ、夏休みということもあり多くの親子連れでにぎわいました。

先端総研では、「量子コンピュータの実現に向けて〜半導体ナノ構造の最前線」、「電話のうつりかわり50年」の二つのテーマで展示しました。

「量子コンピュータの実現に向けて」のコーナーでは物性科学基礎研究所が研究開発に利用している実験設備を展示、常に最先端を行くNTTの研究を紹介。

また 「電話のうつりかわり50年」のコーナーでは、懐かしいダイヤル式の電話機の他、プッシュホン・コードレス電話・携帯電話の初期の機材を展示し、電話機の進歩を来場者の皆様に実感していただきました。

開催日

2007年8月3日(金)〜4日(土)

実施内容

  • 写真
  • 写真

    量子コンピュータの実現に向けて〜半導体ナノ構造の最前線

  • 写真
  • 写真

    電話のうつりかわり50年

会場

科学技術館

フッタエリアはここからです。