ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

クラウドサービス基盤を実現するためのOpenStackコミュニティ活動

NTTグループの事業、お客様やビジネスパートナの事業を支えるクラウドサービス基盤を実現することを目的に、OpenStackコミュニティにおいて新機能の仕様提案とその実装コードの提供、ならびに不具合の改修のためのパッチコードの提供といった貢献活動を行っています。
サービス基盤の実現にはサーバ・ネットワーク・ストレージといった様々なコンポーネントを管理することが求められるため、ソフトウェアの規模は膨大となりすべてを自前で開発してそれらを周辺技術の進展に合わせて維持しつづけるには多大な費用がかかってしまいます。そのため、オープンなコミュニティによる運営・開発が進められているオープンソースソフトウェアのOpenStackをベースとしたサービス基盤の実現に取り組んでいます。
コミュニティ活動は単に参画すれば提案が受け入れられるというものではありません。NTTグループのビジネス要件を効率よく実現するために追加したい機能と改修したい不具合に対して、コミュニティから支持が受けられる項目とその方式を抽出・選択して、双方がwin-winとなれるように柔軟かつ迅速に提案と実装を進めることに日々、注力しています。
NTTの事業会社で既にOpenStackは商用導入され、またその利用が拡大しており、こうしたNTTの先進的な取り組みの結果、NTTの開発者がコアチームメンバに選出される、OpenStack Summit Tokyo 2015においてNTTグループがOpenStack Superuser Awardsを受賞する等、OpenStackコミュニティからも高い評価を得ています。

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。