ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

OSS (Open Source Software) のSDN基盤ソフトウェア -- Ryu SDN Framework

●背景

ICTサービスへの要求は複雑かつ多様化しているため、サービス提供に必要なネットワークに対して柔軟に機能を追加できる柔軟性が求められています。大手ASPの中には、パケット転送ルールをプログラムできるOpenFlowスイッチや、Linuxなど汎用のOSが稼働するホワイトボックススイッチと呼ばれる転送装置を利用する事業者もおり、ニーズ応じて機能追加してデータセンタ内のネットワークを最適化しています。

●概要

Ryu SDN Frameworkは、OpenFlowスイッチの制御機能と、ホワイトボックススイッチの制御の核となる経路制御機能を提供します。

●特徴

o 様々なSDNアプリケーションをAPIを提供しており、ネットワークの設計者は機能追加や外部の様々な機能と連携させてネットワークを構築することができます。
o OSSとして提供しており開発コミュニティに世界中から開発者が参画しています。


●利用シーン

o データセンタ・クラウドを構成するネットワーク
o エンタープライズネットワーク
o VPN接続などのユーザ間接続ネットワーク など

●リファレンス

[1] Ryu component-based software defined networking framework,
http://osrg.github.io/ryu/

[2] Open source BGP implementation for modern environment written in Go lang,
https://osrg.github.io/gobgp/

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。