ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第10回 Jubatus(ユバタス)

今回はサポート体制を確立したJubatusについてのご紹介です

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A.ビッグデータをリアルタイムに深く分析する技術です。 オープンソースとして公開しています。 データから分析方法を自動的に獲得する機械学習を採用した分析ロジックが特徴です。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.ビックデータの分析に利用される既存のプロダクトは、機械学習を備えているがリアルタイムに学習できないもの、リアルタイムに処理できるがルールベースで機械学習は持たないもの等はありますが、リアルタイムかつ機械学習を備えたものはありません。 Jubatusはオンライン機械学習を分散処理する世界初のプロダクトになります。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.TwitterやGPSの位置情報、逐次発生するシステムのトランザクションデータやログデータのように、刻々と生成され流れる膨大なデータをリアルタイムに学習し、高度に解析することができます。 これにより、不正検知、市場・経済・株価予測、自然災害予測、製造業の部品・材料調達予測、健康リスク予測、生命科学・自然科学上の予測技術などの広い領域で、新たな価値サービスの創出が可能となります。
  • Q.最後にひとことどうぞ。
  • A.オープンソースのJubatusを安心して商用利用いただけるよう、持続的なサポート体制への期待に答えるために、今回、技術的な問い合わせ対応を中心とするサポート体制を確立することにいたしました。サポート体制の確立を契機に、Jubatus活用のビジネスメリットを企業や社会に広く普及していきます。</p>
  • ニュースリリースはこちら(別ウィンドウが開きます)
  • 技術キーワード

    • ビックデータ
    • フロー型ビッグデータ
    • 機械学習
    • オンライン機械学習
    • 分散処理
    • オープンソースソフトウェア

    カテゴリーのトップへ戻る

    フッタエリアはここからです。