ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第27回 ターゲットマイク技術

観客の歓声に埋もれているスポーツの競技音をクリアに抽出するターゲットマイク技術の紹介です。

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A. 複数のマイクロホンで観測した信号に「ターゲットマイク技術」を提供することで、スポーツの競技音(e.g. シュート音)をクリアに集音することができるものです。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.従来の技術としてはガンマイクやパラボラマイクがあります。今回のマイクロホンアレイを用いた技術は、ガンマイクで観測した時点と比較して、目的音を10〜20dB強調できるのが強みになります。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.例えば、スポーツ中継において、観客の歓声に埋もれていた音(例えば、「サッカーのシュート音」、「相撲の力士がぶつかり合う音、行司の声」、「ゴルフのショット音、落下音」、「野球の打撃音」)を抽出、強調することで、視聴者にダイナミックな競技音を聞かせることができます。
  • Q.最後にひとことどうぞ。
  • A.目的音の抽出性能やの音質のさらなる向上を目指した技術改良を図ってまいります。また、他のスポーツも含めた実証実験を実施し、技術の性能検証を進めてまいります。

どうもありがとうございました。
詳細についてはNTTホームページのニュースリリースをご覧ください

技術キーワード

  • ターゲットマイク マイクロホン 目的音 競技音 音声処理

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。