ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第3回 世界最速のグラフ分析処理技術を開発

今回は世界最速のグラフ分析処理技術の開発についてのご紹介です。

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A.人・物・場所といった多様な情報のつながりを持つ大規模なグラフデータを分析する世界最高速の技術です。例えば、世界最大規模の10億ノードのグラフデータの分類や重要な情報を発見といった分析をを1時間で分析することができます。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.従来技術より数10倍以上高速であることです。1億ノード規模のグラフの場合ですと、従来の技術では数時間かかる分析処理が、本技術では3分で分析することができます。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.友人関係を表すソーシャルグラフやウェブなどの実世界における様々なグラフデータから、データの最新情報を即座に反映したコミュニケーション支援や情報推薦が可能になります。
  • Q.最後にひとことどうぞ。
  • A.人間が生み出すデータは日々多様化し、求められる分析技術も多様化してきています。その一方で、市販の計算機などに高性能なハードウェアが搭載されるなど、計算機の環境も急激に変化しています。このようにデータ分析技術は、データや計算環境の多様性への適応が不可欠な時代になると言えます。今後は本技術を基にして、人間が解析したい情報はどんなに大きなデータであっても瞬時に分析できるような高速化技術の確立を進めていきます。

技術キーワード

  • ビッグデータ
  • グラフデータ
  • 分析処理
  • マイニング

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。