ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第32回 高速秘密分散エンジン SHSS

OpenStack Swiftに世界で初めて秘密分散を適用したことにより、安心安全なストレージ製品を実現できるようになった高速秘密分散エンジン「SHSS(Super Highspeed Secret Sharing)」の紹介です。

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A.データ消失対策、データ容量低減、データの秘匿化機能を兼ね備えた安心安全なストレージシステムを構築するための技術です。データの秘匿化機能を具備した安心安全なストレージシステムを構築するための技術です。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.本技術を適用することで、従来のOpenStack Swiftになかったデータの秘匿化を達成することができます。また、本技術同様のセキュリティ機能、データ消失対策機能を持つ従来の技術と比較すると50倍高速です。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.ストレージシステムを構築する際、データ消失対策とデータ容量低減に加え、保存データに対するセキュリティ対策を行うことができ、情報漏洩リスクを低減できます。また物理的なストレージ(ハードディスクなど)の保守契約の際に、交換修理を選択することができるようになり、コストの低減につながります。 
  • Q.最後にひとことどうぞ。
  • A.今後、本技術を用いたストレージ製品について、2015年度を目途にNTTグループ会社からの事業展開を目指しています。

どうもありがとうございました。
詳細についてはNTTホームページのニュースリリースをご覧ください

技術キーワード

  • 秘密分散 OpenStack Swift 秘匿性 機密性 ストレージ製品 

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。