ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第56回 データセンタ間光伝送ネットワークへのオープンソース技術適用

NTTと中華電信研究院による、光伝送ネットワークの抜本的な運用省力化/自動化に向けての共同実験についての紹介です。

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A.データセンタを繋ぐデータセンタ間光伝送ネットワークにオープンソースソフトウェア(以下: OSS)とホワイトボックススイッチを適用するための共同実験です。ホワイトボックススイッチとは、ソフトウェアを含まないODMベンダ製のネットワークスイッチです。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.ホワイトボックスとOSSを活用することで、APIを介したオペレーション自動化、外部システムとの連携などが容易である点。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.OSSやホワイトボックッススイッチなどのオープン技術を活用することで、迅速な新機能実現、運用自動化によるスケーラビリティとアジリティの実現、外部システムとの連携によるサービスの高度化の達成が容易になります。

どうもありがとうございました。
詳細についてはNTTホームページのニュースリリースをご覧ください。

技術キーワード

  • ホワイトボックススイッチ、オープンソースソフトウェア、データセンタ、光伝送

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。