ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第61回 Macchinetta(マキネッタ)フレームワーク

Webシステムを開発するためのアプリケーションフレームワークMacchinetta(マキネッタ)フレームワークについての紹介です。

研究Q&A

  • Q.これはどんな技術なのですか?
  • A.Macchinettaフレームワークは、OSSのアプリケーションフレームワークであるSpringを中心に種々のOSSを組み合わせた共通機能(OSSスタック推奨モデル)の提供と、アプリケーションの基本的な実装手法等をドキュメントとして整備したものです。
  • Q.他の技術とはどこが違っているのでしょうか?
  • A.開発者は、OSSスタック推奨モデルで定義されたOSSを活用して、ドキュメントに基づいた開発を行うことで、効率的な開発を実施できます。NTTグループで多くの適用実績があり、ベストプラクティスに基づくノウハウで構成されています。
  • Q.この技術が使われると、どんな役に立つのでしょうか?
  • A.Macchinettaフレームワークを活用することで、Webシステムの開発で品質の均一化と生産性の向上を実現します。
  • Q.最後にひとことどうぞ。
  • A.Macchinettaフレームワークは、オープンな技術をベースとしており誰でも利用できます。 GitHubで公開中ですので、是非ご活用ください。
    https://macchinetta.github.io/

どうもありがとうございました。 詳細についてはNTTホームページのニュースリリースをご覧ください

技術キーワード

  • Spring OSSスタック推奨モデル Webシステム開発

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。