ページの先頭です。

文字表示

コンテンツエリアはここからです。

研究紹介

第66回 「自律的」「キャラクター性」を持った音声対話技術をtottoへ搭載

黒柳徹子さんのアンドロイド「totto」に搭載されてた音声対話技術について紹介します。

研究Q&A

  • Q.本技術のポイントはどんなところですか?
  • A.過去の放送コンテンツを利用して特定のキャラクターの個性を再現し、インタビュー対話を行います。インタビュー対話を実現するため、相手の会話を引き出す相槌・同意・質問技術、対話に合わせたモーション生成技術、高性能な音声認識・話者交代技術、ご本人の声を再現する音声合成技術などがポイントになります。
  • Q.従来のNTTの技術とはどんな違いがあるのでしょうか?
  • A.広い話題に対応したインタビュー形式の対話システムは初めての試みです。ここで、相槌を生成する「短応答発話技術」、相手に同意する表現を生成する「支持発話生成技術」、関連する質問を生成する「深掘り質問生成技術」は従来にない新しい技術です。 さらに、対話円滑化技術に追加されているニューラルターンテイキング技術は従来より高精度化されています。 また、豊かなコミュニケーションを実現する為のモーション生成技術には、従来の身体動作に加え視線の動きが追加され、また過去のコンテンツを学習し特定のキャラクターの動きの癖を再現することができるようになりました。
  • Q.本技術のユーザから見て、どんなメリットがあるでしょうか?
  • A.特定のタスク・話題に限らないオープンドメインでのインタビューを行うことができるため、どんな話題に対してもユーザの会話を引き出しながら、楽しく話すことができます。 また、過去のコンテンツを用いてキャラクター性を再現する技術によって、様々なキャラクターとの対話を実現します。
  • Q.今後の展開について教えていただけますか?
  • A.自然な対話の中で、人に働きかけ、理解を深める対話システムの実現に向け、今後、研究開発を行っていきます。 また、このような対話システムで利用される各技術については、NTTグループ各社を通じて提供を行っていく予定です。

どうもありがとうございました。 詳細についてはNTTホームページのニュースリリースをご覧ください

技術キーワード

  • totto 短応答発話生成技術 支持発話生成技術 深堀り質問生成技術 なりきり質問応答技術 モーション生成技術 ユーザフレンドリな発話聞き取り技術 音声合成技術 音声認識技術

カテゴリーのトップへ戻る

フッタエリアはここからです。