ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
  • NTT HOME>
  • TOPICS>
  • SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAにデジタルインスタレーションコンテンツ「BIT WAVE SURFIN’」を出展

SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAに
デジタルインスタレーションコンテンツ「BIT WAVE SURFIN’」を出展

NTTは2018年9月7日(金)から開催されたSOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(主催:SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 運営実行委員会)のEXPERIENCE PROGRAMにて、9月10日(月)〜17日(月・祝)までの期間デジタルインスタレーションコンテンツ「BIT WAVE SURFIN’当該ページを別ウィンドウで開きます」を一般公開しました。

「BIT WAVE SURFIN’」は、渋谷スクランブル交差点のリアルな歩行者の量などをNTTの深層学習ランタイム高速化技術※1を用いて解析し、デジタルな波を作り、それに連動してサーフボードが動くというデジタルインスタレーションコンテンツです。信号が青になって人が動き出すと波が起こり、赤になると波が穏やかに、また歩行者の量や時間帯によってビジュアルの演出も変化します。サーフボードを模ったオリジナルデバイスは、ボディバランスをコントロールすることで、子供から大人まで、誰もが街中でサーフ体験を楽しめるコンテンツとなっています。

昨年実施したYOYOGI CANDLE 2020では、5GやKirari!技術を活用し、代々木ドコモタワーへのプロジェクションマッピングによる新しいスポーツ観戦のあり方を実験提案しました。今回のBIT WAVE SURFIN’ Shibuya Crossing -では、都市の動きを自然に見立てた新しいスポーツ体験のあり方についての実験提案です。2020に向け、今後も最先端技術による都市×スポーツの新体験について、さらに実証活動を行っていきます。

「BIT WAVE SURFIN’」イメージ

「BIT WAVE SURFIN’」イメージ

「BIT WAVE SURFIN’」一般公開に関する詳細は下記のとおりです。

<「BIT WAVE SURFIN’」概要>

  • ● 公開期間: 9月10日(月)〜9月17日(月・祝)
  • ● 間: 10:00〜21:00
  • ● 所: 渋谷マークシティー1F
  • ● 金: 無料
  • ● URL: http://bitwave.tokyo当該ページを別ウィンドウで開きます

<SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYAとは>

日本財団主催事業として2016年にスタートした「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」と、渋谷区で2017年11月にはじめて開催したダイバーシティをテーマにした複合カンファレンスイベント「DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA」が連携し、関連プログラムを含め渋谷駅周辺や原宿表参道エリアの商業施設やイベントスペース等を拠点とした約1週間の都市回遊型イベント。

※1 深層学習ランタイム高速化技術
単体のGPU(Graphics Processing Unit)の利用効率向上や複数のGPUでの並列演算などにより、ディープラーニングの推論処理を高速化する技術。

参考: 深層学習を用いたカメラ映像分析によるリアルタイム人物トラッキングシステム当該PDFを別ウィンドウで開きます

フッタエリアはここからです。