ページの先頭です。

NTTグループのロゴ トップページにリンクします

文字表示

コンテンツエリアはここからです。
  • NTT HOME>
  • TOPICS>
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 ゴールドパートナー(第1号)に決定

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 ゴールドパートナー(第1号)に決定

NTTは、2015年1月26日、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)との間で、2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を含む6年間に及ぶオリンピック日本代表・パラリンピック日本代表に関するパートナー契約を締結し、国内最高位のスポンサーシッププログラムであるゴールドパートナーの第1号に決定いたしました。契約カテゴリーは、通信サービスです。

[本件に関するニュースリリースはこちらをご覧ください]

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 ゴールドパートナー(第1号)に決定当該ページを別ウィンドウで開きます

2015年1月26日には、本件について記者発表会見を開催いたしました。

記者発表会見には、NTT社長 鵜浦博夫、NTT東日本社長 山村雅之、NTT西日本社長 村尾和俊、NTTコミュニケーションズ社長 有馬彰、NTTドコモ社長 加藤桙フほか、ご来賓として、東京2020組織委員会会長 森喜朗様、公益財団法人日本オリンピック委員会(以下、JOC) 副会長兼専務理事 青木剛様、日本パラリンピック委員会(以下、JPC)委員長 山脇康様にもお越しいただき、メッセージを頂戴しました。

以下に、記者発表会見の模様をご紹介します。

【東京2020組織委員会会長 森様のスピーチ】

東京2020組織委員会会長森様のスピーチの模様

東京2020組織委員会会長
森様のスピーチの模様

今日こうして東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナーの第1号として、NTT様とのパートナー契約締結を報告できますことを、まことに喜ばしく思っています。

東京2020組織委員会が立ち上がりちょうど1年ぐらいになりますが、先日は、大会まであと2020日となる記念日を20名のアスリートの皆さんとともにお祝いをさせていただきました。本日、ここにゴールドパートナー第1号決定の明るい話題が続き、2015年はすばらしいスタートになったと実感をしています。

私たちは、スポーツが持つ世界と未来を変える力を信じ、全員が自己ベスト、多様性と調和、未来への継承という3つのコンセプトからなる大会ビジョンを掲げ、その実現に向けてオールジャパンで準備を進めています。本日、ともに力を合わせる仲間の一員として、NTT様に加わっていただくことになりました。大会にまつわるあらゆる情報や記録を集め、日本全国、また全世界に瞬時に伝えていく通信サービスは、大会の成功にとって非常に重要な仕事です。これを担当していただくパートナーとして、世界最先端の技術力を誇られるNTT様に参画いただきますことは、まことに心強い思いです。

本日は、またここにNTT様の所属アスリートの皆さまや、NTT様が25年にわたってスポンサーを務めておられるトライアスロン界からも選手の皆さんがお見えになっておられますが、ここにいる皆さんをはじめとする世界中のアスリートの皆さんの目標となり、全力で競い合うことのできるオリンピック・パラリンピックという檜舞台を、NTT様とともにつくり上げていきたいと思います。日本中の人と人の心を繋いでこられたNTT様とともに、オールジャパンを強い絆で結び、大会成功に向けて邁進してまいりたいと思います。

【NTT 鵜浦社長のスピーチ】

NTT 鵜浦社長のスピーチの模様

NTT 鵜浦社長のスピーチの模様

本日、めでたく東京2020オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナー第1号となることを発表できる運びになりました。第1号ということですので、大変名誉に感じておりますし、またその分、大きな責任を感じています。

私どもは、電電公社時代に、さきの東京オリンピック、札幌冬季オリンピックの2度、またNTTに移行してからの長野冬季オリンピックと、計3度のオリンピックを担当させていただきました。今回、またこういった形でオリンピックの成功につながるようなご支援、ご協力ができることについて、本当に誇りに感じています。この機会に3点、改めて私どもの決意を申し述べさせていただければと思います。

その1つは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが成功裏に終えるよう、万全の体制をとることです。通信をとりまく環境は大きく変わりました。北京オリンピックからロンドンオリンピックに至る間に、情報量は8倍になったと言われています。この後のブラジル、そしてまた東京大会と経る中で、とてつもない情報量がネットワークを飛び交うことになります。こういったネットワークを問題なく疎通させること、さらには、サイバーテロということも想定せざるを得ません。万全の体制でサイバーセキュリティを維持すること、これが私どもの第一の使命だと考えています。

2点目は、今回の東京2020オリンピック・パラリンピック招致の際のキーワードでもありました、おもてなしの実現に向けて、さまざまな産業界の方々とコラボレーションを行うことです。映像系や翻訳系のサービスなど、さまざまなことについて、これから各業界の方々とコラボレーションをして、本当に日本のオリンピック・パラリンピックはすばらしかったと皆さんに評価していただけるような、そうした取り組みを強化してまいりたいと考えています。

3点目ですが、東京2020組織委員会様が、オリンピック・パラリンピックの取り組みをレガシーとして次世代の遺産として残していこうというコンセプトを掲げられています。私どもは、パートナーの一員として東京2020オリンピック・パラリンピックの取り組みが、日本の次世代のレガシーとして残っていくよう貢献もしていきたいということです。

以上3点を、改めて皆さまの前で決意表明をさせていただきたいと思います。

また、当社はこれまでオリンピック・パラリンピックにおいて、40名近くの選手をサポートしてまいりましたが、そのうち、本日は6名の選手が皆さまの前に登場することになります。当社グループは、引き続きスポーツ振興にも全力を挙げて取り組む所存です。

【JOC 副会長兼専務理事 青木様のスピーチ】

JOC副会長兼専務理事 青木様のスピーチの模様

JOC 副会長兼専務理事
青木様のスピーチの模様

NTT様には、1964年東京オリンピック、1972年札幌冬季オリンピック、1998年長野冬季オリンピックにおいて、通信インフラで世界との円滑なコミュニケーションを可能にし、大会を成功に導いていただきました。またNTTドコモ様には、JOCパートナーとして2004年から「がんばれ!ニッポン!」キャンペーンによる支援や大会現地での通信体制を確立し、オリンピック日本代表選手の活躍を支えていただきました。

このたび、ジョイント・マーケティング・プログラムのゴールドパートナーとしてNTT様を第1号としてお迎えできますことは、JOCとしても大変心強く思っています。

JOCでは、オリンピズムの目標である、スポーツを通し世界の平和の維持と国際的友好親善、調和のとれた人間性の育成に寄与するため、オリンピック・ムーブメント推進事業、トップアスリート育成強化事業、そして、オリンピックをはじめとする国際総合競技大会への日本代表選手団の派遣事業をわれわれの使命として鋭意取り組んでいます。

とりわけ、国際舞台でのアスリートの活躍は数多くのドラマを生み出すとともに、国民の皆さまにスポーツを通じた夢、希望、勇気を湧き起こし、活力ある社会の実現と国際社会の調和ある発展に大きく寄与いたします。

2020東京オリンピック・パラリンピック日本代表選手がそれぞれの実力を遺憾なく発揮できるよう、ゴールドパートナーのNTT様のご協力のもと、国内競技団体、国、政府、その他関係団体とともに全力で取り組み、大会の成功に向けて、より一層邁進してまいります。

【JPC委員長 山脇様のスピーチ】

JPC委員長 山脇様のスピーチの模様

JPC委員長 山脇様の
スピーチの模様

本日、NTT様には、東京2020ゴールドパートナーとしてオリンピック・パラリンピックをご契約いただきますこと、まことにありがたく、改めて厚くお礼を申し上げます。

パラリンピックは、50年前の1964年東京大会で、日本の発案により初めてその名称が使われまして、それ以降、わが国の障害者スポーツの普及と振興の礎となりました。そして、2020年、東京は同一都市として初めて2回目のパラリンピックを開催することとなり、世界中から大変大きな注目を集めています。私どもは、パートナー、東京2020組織委員会、関係者の皆さまと連携し、パラリンピックを障害のある人が頑張っている大会ではなく、人間の可能性を見出す最高のスポーツ大会として、国内はもとより、世界中に発信をしていきたいと考えています。

パラリンピックには、障害者への人々の意識を変え、そして、社会を変える力があります。そして、東京パラリンピック大会は、超高齢化社会に向かう日本にとって必要な違いと多様性を認め、お互いに助け合う活力のある共生社会の創造への第一歩になるものと確信しています。

NTT様は既に人と社会のコミュニケーションをテーマに、高齢化社会におけるさまざまな課題解決にも取り組んでおられます。NTT様にパラリンピックを社会とさらに密接につながる機会として積極的に活用、支援していただくことが、東京パラリンピック大会の成功につながります。そして、人と社会をつなげるNTT様とともに、パラリンピック・ムーブメントの発展を世界に発信できるよう、私どもも全力で取り組んでまいります。

最後に、本日、NTT様所属のパラリンピアン、山田選手と堀越選手に来場いただいておりますが、これまでの両選手へのサポートに厚く御礼を申し上げますとともに、引き続き、アスリートとパラリンピック・ムーブメントへのご支援をよろしく申し上げます。

【契約締結セレモニー】

東京2020組織委員会会長 森様と、NTT 鵜浦社長により、契約締結に関するセレモニーを行いました。

契約締結セレモニーで握手を交わす、東京2020組織委員会会長 森様(右)とNTT 鵜浦社長(左)

契約締結セレモニーで握手を交わす、
東京2020組織委員会会長 森様(右)とNTT 鵜浦社長(左)

【フォトセッション】

NTTにゆかりのあるスポーツ選手を交え、フォトセッションを行いました。

NTTにゆかりのあるスポーツ選手を交えたフォトセッションの模様

NTTにゆかりのあるスポーツ選手を交えたフォトセッションの模様

ローカルナビエリアはここからです。
フッタエリアはここからです。